サイタ趣味の習い事カメラ教室 大阪 タイチのカメラスクール レッスンノート いっぱい撮って、見返すだけでも上達!?

いっぱい撮って、見返すだけでも上達!?

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

初めての体験レッスン、お疲れ様でした。

今回は、初めてと言うことで色んなお話をお聞き致しました。

まず、カメラの設定は3つの数値の組み合わせげ撮影を行いますが、基本を覚えようとすると3つとも光の調節なのに意味が違うと、混乱しやすいので
「Aモード」(絞り優先モード)をまず、簡単に覚えて見ることです。
普段から、なんとか独学で理解しようと頑張ってらっしゃるので、お写真もキレイに撮れています。
ただ、思いと言葉をうまく表現できないのでどう伝えて良い分からない。
そこで、Aモードの数値を単純に少ない数値だと背景がボケやすくなる。
または、大きい数値だと背景もしっかり見せる事が出来ると、設定や云々と言うより「ボケる数値・ボケない数値」と割り切って撮影すると分かりやすいかと思います。

また、構図もどんな構図が良いかと思っている間にいっぱい撮る
そして、後からセレクトして自身の好みや良いものを精査して、それらをさらに参考にしてバランスの良さや面白いアングルや構図を自分なりに見つけて行きましょう。
時間をかけて1枚撮っても分からないものは、分からないと割り切り
いっぱい撮る事で目を養います。
もちろん撮りっぱなしは、勿体無いのでセレクトする為にも見返す事が大事です。

本日お伝えした、練習方法の一つとして
同じ物(場所)をAモードで撮影するのですが、数値を大きいものと小さいものを撮り比べて見て確認して見ましょう。
数値が光のコントロールをするものですが、基本は表現をどうしたいか?の数値と体で覚えれるかと思いますので、どんどん撮り比べて見ましょう!
新着レッスンノート

本日は、初めての体験レッスンお疲れ様でした。 本日は、お持ちのカメラを使ってカメラのスタートを楽しむ方法をお伝えしました。 まず、ピントを合わせるポイント(オートフォーカス)が毎回、シャッターボタンを半押しすると違う所にピントがあってしまう状態から、真ん中に合うように固定しました。...

昨日は、お疲れ様でした。 今回は、撮影していた画像をセレクトして現像を行うまでのプロセスの確認を行いました。 絶対と言うやり方は存在しませんが、セレクトへの考え方をお伝えしつつ、現像を行うためのアドバイスを行いました。 何度か現像を行ってきましたが、セレクトをするのにテーマが先か画像...

寒い中、撮影レッスンお疲れ様でした。 お忙しい中、練習が中々出来なかったとの事だったので 前回やった、今ある機材でのライティング撮影の練習を行いました。 基本は、定常光(常に光っている照明)でのライティングですがミラーレスカメラをお使いなので、目視とモニターを見ながら好みの光を見つけ...

初めての体験レッスン、お疲れ様でした。 本日は、初めてと言うことで これからどの様にカメラを覚えて行けるかをお伝えいたしました。 明確な目標がお有りなので、ゴールを目的の撮影ジャンルの基本ができる様になれば良いことをお伝え致しました。 何事も覚えて行くのに順番があり、初めの基本...

久々の座学レッスン、お疲れ様でした。 本日は、先日行ったロケの写真をセレクトした上で、現像してもらった画像を確認させて頂きました。 写真の面白さは、さらに面白くなって来ましたね。 レスポンスを重視に設定を高感度にしたスナップ写真ですが、ほぼ初めての撮り方でのロケ写真は、ご自身なり...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta