サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 林仁の初心者向けカメラ教室 レッスンノート フィールドワーク第1弾

フィールドワーク第1弾

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

撮影の上達方法は何といっても、撮影をすること。ということで机の上での学習ではなく、実際に神社を撮ってみました。神社を動画で説明するにはどのようなカットが必要なのか。場所や時間(季節)などを表現するにはどのようなカットを撮るべきなのか。また視聴者を混乱させないスムーズで落ち着きのあるカットはどうやって撮ればいいのか、といったことを実践しながら確認していきました。
一度教わったからといってすぐに実践できるものではないので、初めはできなくて当然です。今の段階では頭では理解していても実践するのは意外と難しいということが分かってくれればOKだと思います。繰り返し撮影していくことで自然と身についていくと思います。

今日の良かった点
1)時間や場所を表現するカットとは何か、ということが具体的に分かったと思います。
2)動かないものを動画で撮る時には三脚を使うことの重要性に気がつけたと思います。
3)ものを表現するのに、引いた広い絵から寄ったアップの絵に繋ぐとより説明がしやすくなるということが少しは理解できたと思います。
4)前述しましたが、やってみてなかなか難しいということが分かったと思います。これは悪い点ではなくて良い点です。できなかったところを振り返るようにすると上達が早いです。

今日の惜しかった点
1)動画ばかりで写真の実践が疎かになってしまいました。
2)動画は1カット最低10秒必要とか、建物は7:3の割合で撮るとか、動いているものと動いていないものが同時に入るカットは三脚を使うといい、などいきなり説明してしまったことが多かったので十分に理解できないままだったと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

元テレビカメラマンで、現在はフリーで活動中!現役プロならではの本格指導

新着レッスンノート

撮影の上達方法は何といっても、撮影をすること。ということで机の上での学習ではなく、実際に神社を撮ってみました。神社を動画で説明するにはどのようなカットが必要なのか。場所や時間(季節)などを表現するにはどのようなカットを撮るべきなのか。また視聴者を混乱させないスムーズで落ち着きのあるカットはどう...

受講生の方が初心者で今回が体験入会ということでしたので、レッスンの内容としては「上手な撮り方」よりも「失敗しない撮り方」に比重をおいたものとしました。 具体的には(1)ブレない写真の撮り方(2)余分なものを映り込ませない写真の撮り方(3)違和感のない落ち着いた構図で撮る方法の3つです。 そ...

シャッタースピード、絞り、ISOで明るさを調整できることをカメラ本体を使って学びました。 絞り(F値)を変えることで被写界深度(ピントの合う範囲)が変わることを学びました。 建物の内観や外観は絞りF8以上で撮ることをサンプルを見ながら学びました。 ISOはオートの設定で、絞り優先(Aモー...

レッスンノート ページ先頭へ