サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 コウノ写真教室 レッスンノート 人物撮影とイルミネーション

人物撮影とイルミネーション

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日のレッスンでは、前半に実際に撮影された写真を題材に人物撮影の勘所を、後半はイルミネーションを実際に撮影しながらノウハウをお伝えしました。

人物撮影のポイント
1 表情を的確に捉えるには、写される人の目と同じ高さからの撮影が良いと思います。

2 カメラに目線を貰うだけでなく、誰かと目線を合わせて話している所を撮るのも良いと思います。数多く撮って良い表情を選ぶと良いかも知れませんね

3 あまり明るくないところで写す場合は、ブレが影響します。
シャッタースピードを1/125よりは早くなるように、ISO感度を上げる事と、明るい50mmのレンズを使うと良いでしょう

4 場合によっては十分な明るさが得られない事があります。そう言う時はストロボを使う事も考えましょう。ただし、光が固く、おでこがテカったりするので、ガーゼ等を使うと良いでしょう。

イルミネーション撮影のポイント
1 人物と背景のイルミネーションを撮るときはどうしても人の顔が暗くなってしまいます。そこでストロボを使う事にします。

2 顔と背景の明るさのバランスが合うと綺麗な絵になります。背景の明るさはシャッタースピードで調整します。

3 背景のイルミネーションのボケの大きさが広がると色が分かりやすく綺麗になるので、人物と背景の距離を大きく取るような配置に心がけましょう
このレッスンノートを書いたコーチ

コンテスト入賞、雑誌掲載も!カメラ歴40年の知恵をイチからあなたに

新着レッスンノート

体験レッスンの受講、ありがとうございました。 お子さんの写真を主に撮影されているとの事でしたので、下記を学んで頂きました。 カメラのモードをオートではなく、絞り優先で撮影する。絞りの値を小さくして撮影すると、背景がボケやすくなります。 逆光で撮影する。露出補正の機能を使ってプラス...

本日は撮影をしながらのレッスンを行いました。 楽しんで頂けましたでしょうか? 今までは風景モードで撮影条件はカメラ任せでしたが、今日は絞り優先モードを使い、自分で意思を込めた写真を撮ってみましたね。 絞りの値を小さくして、絞りを開くとピントを合わせた物の前後のボケが大きくなります。値...

お花を持参して頂きましたので、それを題材にレッスンを行いました。 絞り優先のAモードにして、ダイヤルで値を小さくすると背景がボケて花が浮き立って写ります。また、ズームは80mm側にする事で、余計な物が写らないのでスッキリした絵になります。 人物を写すときも、特に背景として大きな建物...

本日は、最近撮影された写真を題材にして、アドバイスをさせて頂きました。色々と工夫しながら撮影された様子が良く分かりました。 1. 水面がキラキラと光っている部分や太陽を画面に入れた時は露出をマイナス補正にしてみましょう。画面が引き締まって良い感じになる筈です 2. 横からの光線を上...

本日のレッスンは楽しんで頂けましたでしょうか? 前半は座学で構図について学んで頂きました。日の丸構図になると画面の広がりが無くなります。1/3の場所にメインの被写体を置くと良いです。 また、色々な物が沢山写り過ぎないように心がけて下さい。時には正面からではなく、斜めからも写してみません...

レッスンノート ページ先頭へ