サイタ趣味の習い事カメラ教室 北海道 一郎太のカメラ教室 レッスンノート 何を伝えたいかを一番に考えて写真を撮りましょう

何を伝えたいかを一番に考えて写真を撮りましょう

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスン、お疲れ様でした。
まずは、撮りたいと思うものを撮ることが大切です。
何を伝えたいかを考えて、被写体を選ぶことが一番です。
被写体が決まったらどのように撮ったらいいか考えてみましょう。ここは、かなり意識的に考える必要があります。なんとなく撮った、ではいけません。
意識して撮りたいものがどう撮られてほしいのか、を考えて決めましょう。
撮るときも1枚だけ撮るのではなく、構図を変えたり、角度を変えたり、アップで撮ってみたり、引いて撮ってみたり、工夫して、一つの被写体に対して3種類くらいは撮影してみましょう。
花を中心に撮ってみたいとのことでしたが、花の花弁を撮りたいのか、花全体を撮りたいのかによっても変わってきます。
まずは、お気に入りのものをこれでもか、というくらい撮影してみましょう。
花は、被写体としては動いたりしませんので(屋外の場合は風の影響はありますが)、じっくりと腰を据えて撮影に取り組んでみましょう。
今お持ちのカメラでも構図や表現の仕方は十分に学ぶことができますので、まずは、バッテリーを新調してみましょう。

「何を、どう撮るのか」を必ず頭において、撮影してみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

フェスや結婚式でも撮影。貴方のカメラで目からウロコの裏技をお教えします

新着レッスンノート

本日は、体験レッスンお疲れさまでした。 これまでの人物撮影の設定などをお聞きしましたが、絞り値はだいたいF5.6-8くらいを目安に撮影されると、変なボケが生じずに被写体の全体がピントが合った状態になると思いますので挑戦してみてください。 また、副業で写真の仕事もしてみたいとのことですが、ハ...

今日はお疲れさまでした。 先週から撮られた写真のチェックをさせていただきました。 結構いい感じに撮れているものもありましたが、絞りの数値がやや小さすぎるものが多かったですね。 なので、ピントが合う範囲が予定よりも小さくなってしまい、必要なところがボケてしまうような状況がありました。 ...

本日のレッスン、お疲れさまでした。 今日はサロンにお伺いしての実践撮影でした。 いろいろとお話をしたり撮影をしたりしましたが、まとめてみましょう。 まずは写真撮影の前段からです。 ここから、この撮影では「主役はなにか」ということを意識して、ものなどの配置をしてみましょう。 主役・...

ネイル関係の小物やネイルを撮影したいとのことでした。 まずはレンズはマクロレンズをおすすめしました。 ただ、現在のレンズにもマクロ機能に似たものがついているようなので当面はそのレンズで様子を見ましょう。 また、きれいに撮影するには三脚が必要です。 1万円前後のもので十分かと思いますので...

1.7のレンズはとてもいいレンズです。 ただ、いつも開放値で使うのは被写体によっては、思い通りの撮影ができないものです。いつも開放値で使うのではなく、被写体によって、また被写体までの距離によって、絞り値を変えていく必要があります。このあたりはレンズの特性などにもよりますので、一概には言えませ...

レッスンノート ページ先頭へ