サイタ趣味の習い事カメラ教室 神奈川 ほのぼの写真塾 レッスンノート 露出について

露出について

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ほのぼの写真塾の村松です。
レッスンお疲れさまでした。
第一回目のレッスンは、露出についてレクチャーさせていただきました。
露出を決めるパラメータとして、絞り、シャッタースピード、ISO感度がありカメラはこれらのパラメータを駆使して最適r出を決めています。
さらに絞りとシャッタースピードは露出を決める役割のほかに効果があり
絞りを絞ったり開けたりすることにより背景をぼかしたりはっきりさせたりする効果があります。シャッタースピードにも効果がありシャッタースピードを変えることにより動くもののブレをコントロールすることができます。
ここまでは今日のレッスンで理解できたと思います。
次回までに今日習ったことを実習してください。
50㎜程度の焦点距離のレンズを使い絞りを開放~絞ったところまで段階的に撮影してください。(ピントは、同じところに合わせ背景のボケ具合を確認してください)
次は、やはり50㎜ぐらいのレンズで噴水や水道の水など連続して動きのあるものをシャッタースピードを変えて撮影してください(ピントは、同じところに合わせ動体のブレ具合を確認してください)
新着レッスンノート

ほのぼの写真塾の村松です。 本日は体験ということで、デジカメとして重要な機能の一つである”ホワイトバランス”についてレクチャーさせていただきました。 本レッスンからは、撮影の基本中の基本である露出の設定から始めていきます。

ほのぼの写真塾の村松です。 レッスンお疲れさまでした。 今日は撮影の基本である露出について学びました。 露出を決定するパラメータは、絞りとシャッタースピードですが(ISO感度も露出に関与しているが)絞りとシャッタースピードは、露出を決める役目だけではなく作品作りに大きく関係していることも...

ほのぼの写真塾の村松です。 体験レッスンお疲れさまでした。 体験ということで、デジカメとしての機能で多くの人が誤解して覚えているホワイトバランスについて正しい理解をしていただきました。 理屈が良く分かったと思います。理屈がわかったらどうしたら使いこなせるかがわかります。これが応用です。

ほのぼの写真塾の村松です。 本レッスン初日ということで撮影の基本からレッスン予定でしたが、撮影された写真を拝見させていただき、その写真の撮り方等についての質問にお答えする形となってしまい撮影の基本の話よりどちらかというと先を急ぐあまり応用面の話が中心となってしまいました。 しかし応用でも露...

ほのぼの写真塾の村松です。 今日は体験ということでデジカメの基本機能であるホワイトバランスについてレクチャーさせていただきました。 本レッスンから撮影の基本からレッスンしていきたいと思います。

レッスンノート ページ先頭へ