サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート オーロラの撮り方

オーロラの撮り方

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

オーロラを撮る為、ソニーα6400を購入されたとのことでしたね。

ご自宅で夜景を練習してみたところ、手持ち撮影ではブレてしまったとのこと。
データを見せてもらったら、モードはシーン(ポートレート)になっていて、シャッタースピードが1/13と低速だった為、手ブレが生じてしまった、と見受けました。

カメラが写真の明るさを決める為に使うことが3つあります。

①シャッタースピード→動き
遅い/明るくなる/ブレる⇆速い/暗くなる/止まる
②絞り→ボケ具合
開/明るくなる/背景ボケる⇆閉/暗くなる/くっきり
③ISO感度→粒子感
低/暗くなる/細かくきれい⇆高/明るくなる/ザラザラ

カメラ上部ダイヤルはこの3つの組み合わせをどう決めるかの選択ダイヤルで、シーンは、被写体(撮りたいもの)に合わせてその組み合わせを適宜合わせてくれる、というものです。

例えば、
◎ポートレート
絞り開けめ、シャッター60/1前後、ISO低め
◎スポーツ
絞り開けめ、シャッター出来るだけ速、ISO高め
◎夜景
絞り開けめ〜少し絞、シャッター遅、ISO低め〜真ん中

など、被写体に合わせた組み合わせを考えてくれます。
この時、撮る場所の光の量により、その数値は変わってきます。
暗い場所では光が足りないため、写真を明るくする為に、シャッタースピードを遅くする、ISO感度を高めにする、などして明るさを確保するわけです。

オーロラを撮る為には、暗い中のわずかな光を撮影するので、必然的にシャッタースピードが遅くなります。
シーンのなかでも、三日月マークの夜景モードにしてください。三脚は必須です。

三脚を選ぶときのポイント
◎重さ
◎高さ(縮めた時、伸ばした時)
◎カメラを乗せる部分の形(ネジが何個ついてるか)
お店で実際に触ったり重さを確認してみて商品情報をチェックし、それに類似するものをネットで探すと良いかと思います。

三脚を使ってスローシャッターで撮る時、シャッターボタンを押すとその動作でブレてしまうので、wifiスマホ接続でリモート撮影すると良いでしょう。
新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした! 今日は、カメラが写真を撮る仕組みから、お話しさせていただきました。 まずは露出から。 露出は、写真の明るさのことです。 ①シャッタースピード→動き(止まる、ブレる) ②絞り→被写界深度(背景がボケる、ボケない) ③ISO感度→ 粒子感(滑らか、ざ...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! ブーケの撮影をしたいとのことでしたね! お花の先生にAモードを教わったとのこと、補足説明をさせて頂きました。 Aモードは、絞り優先オートという、明るさを調整する3つの機構の中の『絞り』を自分で決めて、他はカメラに決めてもらう、というオートモード...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 陶芸の作品を撮りたいとのことでしたね。 カメラはまだ買って間もなく、使い方もこれからとのこと。 写真を撮る時に考えることは、 ①カメラをどう使うか ②光をどう選ぶか(太陽光?照明?) ③作品を置く場所(背景)をどうするか? です。 また、...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 写真を基礎から学びたいとのこと、基本の露出(シャッタースピード、絞り、ISO感度)についてはご自分で調べられていましたね! 露出とは、写真の明るさのことです。 シャッタースピード→動き(ブレる、止まる) 絞り→被写界深度(背景がボケる、ぼけな...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 普段オートで撮られていて、イマイチ、と思うことが多かったとのことでしたね。 まずは、カメラの基本から説明させていただきました。 カメラにはいろんなモードがありますが、上部ダイヤルは露出をどう決めるかの選択ダイヤルです。 露出とは明るさのこ...

レッスンノート ページ先頭へ