サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 デジカメレッスン はじめの一歩 レッスンノート お疲れさまでした♪

お疲れさまでした♪

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

曇りがちかしら?・・・と思いつつも、やはりお外は暑かったですね。
その後、大丈夫でしたか?

今日は、実際にカメラを使って、コロンちゃんの撮影を中心に行いました。

1回のシャッターで3枚の写真が撮影されるの謎は、連写モードのせいではなく、「露出違いの写真を撮影する」の設定になっていたせいでした。
1回のシャッターで、-1/3、0、+1/3 の写真が撮影されていました。
カメラ背面「+/-」ボタンの設定で、OFFに設定しなおしました。

また、本日は明るかったので、-補正をして撮影しました。
「+/-」ボタンを押して、その周りにあるダイヤルで設定出来ます。

ピントは基本的に目に合うようにがんばりましょう♪

ズームレンズについて。
数字が小さい方が広角に撮影出来ます。
大きい数字は、遠くから近くに寄れるズームした状態となります。

ピントが合う最短距離を、「最短撮影距離」と言います。
レンズ先端からでは無く、カメラボディにある、記号からの距離です。

対象物との距離が近すぎる場合は、自分の位置を後退して、最短撮影距離以上の距離を取りましょう。(離れた分、ズームレンズで補う)

広角レンズを使って、周りの景色も入れてみる撮影も行いました。

ホワイトバランスについても、お話ししました。
このレッスンノートを書いたコーチ

結婚式など多方面で活躍中!簡単なデジタル加工も一緒に学べる

新着レッスンノート

本日のレッスン、お疲れさまでした。 久しぶりのレッスンでしたが、お元気にお会いできて良かったです。 本日はリクエストのあったホワイトバランスについてのお話をしました。 白を白く撮る…というとわかりにくいですが、光源によって色温度が違う話や、カスタムで設定するところまで。 色々と勉強...

本日のレッスン、お疲れさまでした。 カメラの持ち方から始めて、絞りの説明。 f値の数字が小さいほど大きい穴から光を多く通すこと。 ピントの合う範囲が浅くなりボケ感のある写真になり、 f値の数字が大きいほど光を通す穴が小さくなり ピントが合う奥行きが深くなります。 そしてシャ...

本日のレッスン、お疲れさまでした。 余談を含みつつ、写真に関するいろいろなお話しが出来て楽しかったです。 前回までで、とりこぼしていた、SDの種類や画像サイズ、画像モードのお話し。色温度の違う写真のサンプルなどで、確認をしつつ、 「ズームレンズ」「単焦点レンズ」「マクロレンズ」 ...

本日のレッスン、お疲れさまでした。 今日はもやっとしていた、「シャッタースピード」と「ISO」、忘れていた「絞り」について、実践しながらのご説明となりました。 希望のシャッタースピード、どんな風に撮りたいか、実際撮れるのかを確認しつつ、明るさを絞りで合わせる(ボケ具合が変わる)、I...

本日のレッスン、お疲れさまでした。 質問を持ってきていただいてありがとうございました。カメラを使っていこう!という心意気が感じられて良かったです。 迷ったらおす!でまずはどんどん撮影しましょう。 カメラはレンズ部分に手を添えてしっかり持ち、テーブルなど支えになるものがある場合は肘...

レッスンノート ページ先頭へ