サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート 購入されたカメラの使い方

購入されたカメラの使い方

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

これからのご旅行にむけてカメラを購入されたとのことでした。
試し撮りをして、ピントがなかなかうまくいかなかったとのこと、まずはフォーカス設定をみていきました。

フォーカスロックを使いたいが、追尾モードではできない。シングルAFが無い。との問題。
追尾モードは、カメラが捉えた被写体を画角を変えても追い続ける、というものなので、フォーカスロックはできません。

AFモード設定の上から2番目、『セレクトAF』が、シングルAFにあたります。
フォーカスエリアが小さな四角ででてきて、タッチでその位置を変えられます。
シャッターを半押しするとエリア内にあるものにピントを合わせ、そこでフォーカスロックされます。

もう一つ、『コンティニュアスAF』は、セレクトAF同様にフォーカスエリアが小さな四角ででてきて、タッチでその位置を変えられます。そしてそのエリア内の被写体を、シャッターを半押ししている間は追い続けます。(フォーカスロックはできません)

今までピントが上手く合わせられないために、ほとんどがセンター構図になりがちでしたね。
フォーカスロックができれば、構図も自由に決められるようになるはずですね!^_^

構図のお話。
必ずしも被写体がセンターにいる必要はなく、空間の開き方でそこに情緒が生まれたりします。
被写体が全部きれいに入っている必要もなく、大胆に寄って頭や身体が画面からきれてもOKだし、逆に大胆にひいて広い景色の中にぽつんといるにゃんこ、もまた絵になります。
風景と人物を一緒に撮る場合は、人物の大きさと背景のバランスを考えてみてください。
被写体が立つ位置を変えることで、背景との距離感や背景の入ってくる大きさ(範囲)がかわります。
アングルも、自分の目の高さだけではなく、しゃがんでみたり、高いところから見下ろしてみたり、右からみたり左からみたり…
1カットで満足せずに、同じ場所でいろんなアングや構図をためしてみてくださいね。

あと、写真を撮るときに心がけて欲しいことは、気持ちを込めてシャッターを押すこと。
きれいだな
かわいいな
おいしそうだな
これが好きなんだよな
などの感情は不思議と写真にあらわれます。
なんとなく撮ったら、なんとなくな写真になってしまいます。
一つメインをきめてそれをどう撮りたいか、感情も込めてシャッターを切るようにしてくださいね。
新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした! 神社さまにて、実際にiPhoneで撮影してみました。 前回、Lightroomというアプリを紹介し、インストールして使ってみたところ使い勝手は良いようでしたね。 既存の写真アプリからの加工では不自然な仕上がりになるのに比べ、Lightroomの方が...

本日はレッスンお疲れ様でした。 今日はカメラの基本のところから、改めてお話しさせていただきました。 カメラ上部ダイヤルは、露出をどう決めるかのモード選択ダイヤルです。 露出とは、写真の明るさのことです。 カメラは、①シャッタースピード、②絞り、③ISO感度、を使って、写真の...

本日もレッスンお疲れ様でした。 前回からこれまでに撮られた写真を見せていただきました。 とても良い雰囲気のものもたくさんありました! 気になったのはピントとブレ。 せっかく良い雰囲気でも、ピントが合ってなかったりブレてしまっていては残念です。 フォーカスエリア(ファインダー覗...

本日は体験レッスンお疲れ様でした。 お仕事で必要な写真を撮るにあたり、一眼レフが良いのかiPhoneで事足りるのか、などなど、疑問質問を聞かせていただきました。 観光しながらの記念写真ならiPhoneの方が手軽で機動力もあり、その後のデータのやり取りもスムーズかと思います。 ...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 学生の頃や昔のお仕事で写真を撮られていて、今は自分のデジタル一眼レフを持っていて、また撮り始めたいとのことでしたね。 普段からスナップを撮ったりはあまりしないとのことでしたが、これまでの中からお気に入りの写真を抜粋して見せていただきました。 絞...

レッスンノート ページ先頭へ