サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 コウノ写真教室 レッスンノート 運動会の撮影

運動会の撮影

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

再来週に予定されている甥子さんの運動会で良い写真を撮るためのノウハウをお伝えしました。
楽しんで頂けましたでしょうか?

1 良い場所取りが第一歩です。頑張って場所を確保してください。そこから望遠ズームを使って撮ってみましょう!

2 どんどん近づいて来る人物をピンとを合わせ続けて撮るための設定をマスターしてください。

3 白が主体の被写体をそのまま撮ると、カメラは灰色になるように露出を決めてしまいます。白いものを白く写すには、露出補正を+0.7か+1.0に設定してみましょう。

3 ぶれずに撮るためには、カメラの背面のモニターを見ながら録るよりも、ファインダーを覗いてとる方が確実です。肘をしっかり身体につけて構えて下さい。左手でレンズの下側を支えて構えるのが良いです。

4 カメラの色々な機能を活かして撮るために、ダイヤルをSに合わせて、シャッタースピード優先モードにして撮ってみましょう。お伝えしたISO感度とシャッター速度で試してみて下さい。

5 連写で写してその中からベストショットを選ぶ方法も有りますが、それよりもベストタイミングを自分て決めて撮ることを私はお勧めします。
このレッスンノートを書いたコーチ

コンテスト入賞、雑誌掲載も!カメラ歴40年の知恵をイチからあなたに

新着レッスンノート

体験レッスンの受講、ありがとうございました。 お子さんの写真を主に撮影されているとの事でしたので、下記を学んで頂きました。 カメラのモードをオートではなく、絞り優先で撮影する。絞りの値を小さくして撮影すると、背景がボケやすくなります。 逆光で撮影する。露出補正の機能を使ってプラス...

本日は撮影をしながらのレッスンを行いました。 楽しんで頂けましたでしょうか? 今までは風景モードで撮影条件はカメラ任せでしたが、今日は絞り優先モードを使い、自分で意思を込めた写真を撮ってみましたね。 絞りの値を小さくして、絞りを開くとピントを合わせた物の前後のボケが大きくなります。値...

お花を持参して頂きましたので、それを題材にレッスンを行いました。 絞り優先のAモードにして、ダイヤルで値を小さくすると背景がボケて花が浮き立って写ります。また、ズームは80mm側にする事で、余計な物が写らないのでスッキリした絵になります。 人物を写すときも、特に背景として大きな建物...

本日は、最近撮影された写真を題材にして、アドバイスをさせて頂きました。色々と工夫しながら撮影された様子が良く分かりました。 1. 水面がキラキラと光っている部分や太陽を画面に入れた時は露出をマイナス補正にしてみましょう。画面が引き締まって良い感じになる筈です 2. 横からの光線を上...

本日のレッスンは楽しんで頂けましたでしょうか? 前半は座学で構図について学んで頂きました。日の丸構図になると画面の広がりが無くなります。1/3の場所にメインの被写体を置くと良いです。 また、色々な物が沢山写り過ぎないように心がけて下さい。時には正面からではなく、斜めからも写してみません...

レッスンノート ページ先頭へ