サイタ趣味の習い事カメラ教室 大阪 タイチのカメラスクール レッスンノート いつもと違う見方で変わる

いつもと違う見方で変わる

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

初めての体験レッスン、お疲れ様でした。

本日は、初めての体験レッスンとして座学にてヒヤリングさせて頂きました。
構図やどの様に・どのような撮影がしっくりくるのか?
という事に対して考え過ぎずに肩の力を抜いて、いつもと違う視線・角度を意識すると簡単に
普段と違う写真が撮れることを実際にお持ちのカメラで確認できました。
特別な設定や機材を使う事も構図を考えるより、まずは「良く観る」を行い
撮りたいものをどうしたいか?を冷静に、且つ簡単に想像しましょう
それを思いながら撮影すると、考えて色々と試していく事になります。
日々、それらの繰り返しとなるので、自身で新しい角度や視線を見つける様に撮っていきましょう!

また、機能的なお話では
広角=歪む
望遠=見た目の形
の違いをお持ちのカメラで確認しました。
レンズの特性を知っていると、それらを使って演出するテクニックとすることができます。
そして、スイーツなど撮影するときにチューリップマーク(マクロ・接写モード)で、思い切って
被写体に近づいて、ダイナミックな写真を撮ることができたり
フラッシュを使わずにプラスマイナスのマークを使って、少し明るめに撮ると
より、美味しそうだったり・整形掴んが出たりとイメージがグッと変わったりもします。
コンパクトデジカメだからとか一眼だからとか、限界はありますがそこまで特別な操作をすることはありません。それぞれの特徴を上手く使えば、色んな撮影楽しめますので、色々チャレンジして観ましょう!
新着レッスンノート

昨日は、初めての体験レッスンお疲れさまでした。 中古のカメラを購入され、それをスポーツ撮影で活用して覚えていきたいとの事でした。 まず、スポーツ撮影に関しては機材的な要素が大きいですが それらを踏まえて、お持ちのカメラでどこまで対応できるかは、練習次第で変わっていきます。 まず...

寒い中、久しぶりの撮影レッスンお疲れさまでした。 今回は、復習も含めて光の見つけた方や扱い方をお伝えしました。 以前にもお伝えした 背景と被写体の明るさの調整は、切り離してコントロールしていきます。 背景は、カメラ 被写体はストロボ それをするには、まず背景をどのように決めるか...

初めての体験レッスン、お疲れさまでした。 本日は、初めてという事で色々とお話を伺いました。 商品の撮影をほぼ独学でやっている中で、なぜそういう風に撮影しているか?が分からないまま、他の人と同じように撮影をこなしていると感じました。 そのまま、同じように継続してもそつなくこなせますが、...

本日は、寒い中 初めての撮影レッスン、お疲れさまでした。 本日は、ご自身のカメラ(ついているレンズに合わせて)で実際に撮り方の違いにより見え方が変わったことが確認できたかと思います。 前回の体験レッスンの時には、グラスの撮り方によって大きさ(形)が変わる事をお伝えしたかと思いますが、...

昨日は、初めての体験レッスンでお疲れさまでした。 今回は、初めてでしたので色んなお話をお伝えしました。 カメラの設定について、慌てて撮る場合や分からない場合は「Pモード」などで撮れば問題ないのですが、その時でもできればレンズをズームにしたりワイドにしたりと2つのパターンを撮ることで、同...

レッスンノート ページ先頭へ