サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート スマホでの撮り方

スマホでの撮り方

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

スマホでの撮り方を学びたいとのことでしたね。
お料理をよく撮られていました。
漠然とどう撮れば良いか…という感じでした。

縦位置か、横位置か?
上から撮るのか?アングルのベストは?

その答えは、実はありません。

撮るもの(被写体)次第なのです。

例えば海鮮丼なら、その盛り具合や丼の深さ次第でアングルが変わります。
丼が深ければ、少し上から見ないと中身が見えませんよね?
天丼のように高く積まれているものなら、少し低めから見て高さを強調するのも良いでしょう。
定食で皿やお椀がいくつかあるなら、その中でもメインが際立つようにお皿を配置し直すべきだし、周りに置いてあるもの(カウンター上のお醤油や七味など)が写らないように整理する、また、写っても良いようにキレイに並べておく、など、メインとなるもの以外のところまで気を配れるとなお良いですね。

あと、光が大切。
太陽の光が入る窓際で撮れたらベストです。
室内灯しかない場合は、出来るだけお料理が美味しそうに見える場所を探してください。
お料理が美味しく見える光とは、少し逆光気味に見ると良いと思います。
それと、明るめに。
スマホでも、明るさ調整はできます。
被写体(ピントを合わせたいところ)にタップすると、下に明るさ調整のゲージが出てきます。
マニュアル設定で色味も変えられます。

お持ちのスマホでは、ぼかし調整というエフェクトで、背景のボケ具合を変えることもできましたね。
カスタム出来ることは限られていますが、ある機能は最大限使っていきましょう!

そして、一つの被写体を撮るにあたり、一枚で終わってはもったいない!
上から見たり、横から見たり、寄ったり、引いたり、色変えたり、明るさ変えたり、縦、横、etc…
やれることはたくさんありますね。
どう撮ったら良いか、を迷っているうちは、悔いの無いようにいろいろパターンを撮ってみてください。
そのうちに好きな光の感じや、アングル、寄引き具合、がなんとなく見えてくると思います。
もちろん、被写体によってベストなアングルはそれぞれ違います。
撮ろうとしているものをよく観察して、どう撮りたいかを考えてみてください。
イメージに近づくように撮る。
これがなかなか難しいのです。
まずはイメージすることから、はじめましょう。

カメラの購入も考えられていましたが、画質という面では、コンデジでも断然スマホより綺麗です。
ので、小さなカメラでも、スマホより良いと思いますが、レンズやカメラ本体の機能は被写体に合わせて選ぶ必要はあると思います。
カメラ選びの際は、またご相談くださいね。
新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした! 今日は、カメラが写真を撮る仕組みから、お話しさせていただきました。 まずは露出から。 露出は、写真の明るさのことです。 ①シャッタースピード→動き(止まる、ブレる) ②絞り→被写界深度(背景がボケる、ボケない) ③ISO感度→ 粒子感(滑らか、ざ...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! ブーケの撮影をしたいとのことでしたね! お花の先生にAモードを教わったとのこと、補足説明をさせて頂きました。 Aモードは、絞り優先オートという、明るさを調整する3つの機構の中の『絞り』を自分で決めて、他はカメラに決めてもらう、というオートモード...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 陶芸の作品を撮りたいとのことでしたね。 カメラはまだ買って間もなく、使い方もこれからとのこと。 写真を撮る時に考えることは、 ①カメラをどう使うか ②光をどう選ぶか(太陽光?照明?) ③作品を置く場所(背景)をどうするか? です。 また、...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 写真を基礎から学びたいとのこと、基本の露出(シャッタースピード、絞り、ISO感度)についてはご自分で調べられていましたね! 露出とは、写真の明るさのことです。 シャッタースピード→動き(ブレる、止まる) 絞り→被写界深度(背景がボケる、ぼけな...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 普段オートで撮られていて、イマイチ、と思うことが多かったとのことでしたね。 まずは、カメラの基本から説明させていただきました。 カメラにはいろんなモードがありますが、上部ダイヤルは露出をどう決めるかの選択ダイヤルです。 露出とは明るさのこ...

レッスンノート ページ先頭へ