サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート 作品の講評、今後の目標

作品の講評、今後の目標

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

カメラの受講歴がおありとのこと、まずはこれまで習ってきた内容の確認からさせていただきました。

露出の基本やカメラ設定のいろいろは、しっかり頭に入っているようでしたね。
焦点距離とセンサーサイズの関係や画角の見え方の違いも、理解されていました。

写真を拝見しまして、絞りの使い方はその特性を考慮されていて、意図に合うように絞り値をえらばれていて良かったです!!
ローキーな雰囲気がお好きなようでしたが、アンダー具合が極端(撮り比べた2枚がシャッタースピード2段差とか)なのが少し気になりました。
前の先生から、絞り値は一段ピッチで変えていきましょう、という縛りを与えられたのが、露出の感覚までに影響してしまっているようでした。
シャッタースピード、ISO感度、も露出の調整できますので、この二つで1/3ピッチも使いながら、細やかな露出調整をやってみてくださいね。

ご旅行の写真が主でしたが、構図に迷いが見受けられました。
主役が見つけにくい、という感じでしょうか。
なんとなくいいな、と思ってカメラを構えたら、その中にどこかひとつ主役をあえて自分で決めてあげましょう。
アングルも、地面スレスレからや目線より上から見てみる、など、普段の目線と違うアングルも探してみてくださいね。

あと一つ、気をつけてみてもらいたいところは、光、です。
写真にとって1番大切な要素は、光です。
太陽が出ているならば、どちらから光が来ているか。
影の具合はどうか。
室内でも、窓からの光を感じたり、電気の光でもきれいに見えるところを探したり。
意識してみていると、ふと入ったカフェの中でも窓際のコーヒーは美味しそうに見えたり、スポットライトが当たっているカクテルは色が綺麗に見えたりと、綺麗な光探しは日常の中でできますよ♪

写真は撮れば撮るほど必ず上達します!
たくさん撮って、自分の好きな感じ、を表現できるようになっていきましょうね^_^
新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした! 今日は、カメラが写真を撮る仕組みから、お話しさせていただきました。 まずは露出から。 露出は、写真の明るさのことです。 ①シャッタースピード→動き(止まる、ブレる) ②絞り→被写界深度(背景がボケる、ボケない) ③ISO感度→ 粒子感(滑らか、ざ...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! ブーケの撮影をしたいとのことでしたね! お花の先生にAモードを教わったとのこと、補足説明をさせて頂きました。 Aモードは、絞り優先オートという、明るさを調整する3つの機構の中の『絞り』を自分で決めて、他はカメラに決めてもらう、というオートモード...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 陶芸の作品を撮りたいとのことでしたね。 カメラはまだ買って間もなく、使い方もこれからとのこと。 写真を撮る時に考えることは、 ①カメラをどう使うか ②光をどう選ぶか(太陽光?照明?) ③作品を置く場所(背景)をどうするか? です。 また、...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 写真を基礎から学びたいとのこと、基本の露出(シャッタースピード、絞り、ISO感度)についてはご自分で調べられていましたね! 露出とは、写真の明るさのことです。 シャッタースピード→動き(ブレる、止まる) 絞り→被写界深度(背景がボケる、ぼけな...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 普段オートで撮られていて、イマイチ、と思うことが多かったとのことでしたね。 まずは、カメラの基本から説明させていただきました。 カメラにはいろんなモードがありますが、上部ダイヤルは露出をどう決めるかの選択ダイヤルです。 露出とは明るさのこ...

レッスンノート ページ先頭へ