サイタ趣味の習い事カメラ教室 群馬 誰でも撮れるカメラ教室 レッスンノート バルブ撮影時の長秒ノイズキャンセラー

バルブ撮影時の長秒ノイズキャンセラー

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日も熱心に受講されてお疲れ様でした。

さて、バルブ撮影時のノイズを軽減させるメニューを「入」or「切」どちらが良いか?考え方の相違によりますが、私はすべて「切」にして撮影します。

理由は、①撮影後同じ時間キャンセラーが作動し待っていなければならず、次の撮影が直ぐに行えないということです。②気になるノイズならばそれだけの時間をかける設定に問題ありということでISO感度と秒数を考えれば解消するのであります。
高感度ノイズに関しても同じ考え方で機種によっては「強」「標準」「弱」「切」とありますが「強」は絶対に使用しませんね~

また、フィルムカメラは測光計で数か所計測後、好みの絞りとシャッタースピードをマニュアルモードでセットし撮影しますが、デジタルカメラは絞り優先モードで撮影すれば結果が直ぐに分かりますから露出補正で好みの明るさが決定できますのでほとんど絞り優先モードでの撮影が可能になります。

日中シンクロは、これからの時代変化していくでしょう・・・どうしても違和感ある映像になるためコンパクト常灯LEDでケルビン変更やルーメン変更可能なライトの進化がすごいです!

「あおり」を利用しない撮影はローアングルで広角、縦撮りが良いでしょうね~

今後も幻想的な撮影:前ボケやバルブを楽しみながら撮ってみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

新着レッスンノート

体験レッスンお疲れ様でした。いかがでしたか? 撮影したものを見せて頂きましたが、かなりハイレベルでこちらが勉強になりました。 機材に関してもフィルムからデジタルと撮影されており、知識は十分でPCに関してもソフト操作も申し分なく御理解されておりますね・・・ さて、本題ですが撮影機材の前...

体験レッスンお疲れ様でした~ いかがでしたか?・・・ 基本的には、あまり難しく考えず、その時その場のありのままの撮影が真実を捉えられるかと思われます。 しかしながら、すべて「オート」撮影ですと表現の幅が狭くなりがちに・・・ そこで「①撮影モード」を少し工夫して撮られてみてはいかがでしょ...

体験レッスンお疲れ様でした~ いかがでしたか? さて、スマートフォーンと一眼レフカメラの違いですが一番大きなところでは撮像素子の大きさですね・・・ 撮像素子が小さいと画素数が大きくても意味がありません・・・ 例えば、2,000万画素のスマートフォーンと1,600万画素の一眼レフカメラな...

体験レッスンお疲れ様でした。 いかがでしたか? 一眼レフカメラは、そのまま使用すると最近のスマートホンの方が綺麗に撮れてしまうような感覚になります。 理由は、スマホ=鮮やかに撮れるように最初からセッティングされている。 一眼レフカメラは御自身で好みのセッティングにしなければ思うよう...

体験レッスンお疲れ様でした。 さて、今までとは全く違うメーカーのカメラはさすがに抵抗を感じるかもしれませんね・・・ しかしながら覚えてしまえば非常に簡単です。 ①撮影モードはほぼ同じ・・・②ISO感度の設定もほぼ同じですね・・・③WB設定も侵入口が分かれば大丈夫ですし、④フォトスタイルに...

レッスンノート ページ先頭へ