サイタ趣味の習い事カメラ教室 群馬 誰でも撮れるカメラ教室 レッスンノート 被写体によるセッティングの切り替え

被写体によるセッティングの切り替え

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日も熱心な受講お疲れ様でした。
さて、リモコンの動作はカメラ本体のメニュー設定に連動していくかと思います。
(ミラーアップ撮影など)
リモコンの受信部はカメラの前部と後部にセンサーが付いておりますが、状況によって反応は変化してしまうかと思います。(ストラップで覆われてしまっていたり他の物が障害物となってしまったりなど・・・⇒リモコンを高い位置で反応させると良くなることもあります。)
また、滝などをスローシャッターで撮影したい場合には、シャッタースピード優先モードで撮影開始するよりも、絞り優先モードで絞り込んでシャッタースピードを確認していって下さい。(ISO感度100に固定)好みのシャッタースピードが得られれば良いですがそうでない場合(スローすぎる)は、f値を小さくして調整するかISO感度を上げます。もっとスローシャッターにしたい場合はPLやNDフィルタを使用して下さい。絵が決まれば明るさは露出補正で調整して下さい。(この時の測光は中央部重点測光が良いかと思います。)
<シャッタースピード優先モードでの撮影は、ISO感度を注意深く確認して下さい。状況によっては絞りが開放になってしまいピンボケと流れる水が違和感を感じるようになってしまう場合もあります。>

基本的には、風景とポートレート撮影は真逆の設定になるかと思います。絞り(MAX[開放で撮影もありますが・・・]・MIN)・シャッタースピード(スロー・ハイスピード)・ISO感度(低く[100]・やや高く[400])・WB(それぞれの状況で変更・オート)など
つまりその都度設定の確認をしてからの撮影となります。
①撮影モード②ISO感度③WB④ピクチャーその他露出補正・AF&MF・AE・測光・フレーミングなどを検討して撮影に臨んでみて下さい。

是非、慌てず設定の確認をして撮影できれば全てのショットが上手くいく筈です。
頑張って下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

新着レッスンノート

体験レッスンお疲れ様でした~ いかがでしたか?・・・ 基本的には、あまり難しく考えず、その時その場のありのままの撮影が真実を捉えられるかと思われます。 しかしながら、すべて「オート」撮影ですと表現の幅が狭くなりがちに・・・ そこで「①撮影モード」を少し工夫して撮られてみてはいかがでしょ...

体験レッスンお疲れ様でした~ いかがでしたか? さて、スマートフォーンと一眼レフカメラの違いですが一番大きなところでは撮像素子の大きさですね・・・ 撮像素子が小さいと画素数が大きくても意味がありません・・・ 例えば、2,000万画素のスマートフォーンと1,600万画素の一眼レフカメラな...

体験レッスンお疲れ様でした。 いかがでしたか? 一眼レフカメラは、そのまま使用すると最近のスマートホンの方が綺麗に撮れてしまうような感覚になります。 理由は、スマホ=鮮やかに撮れるように最初からセッティングされている。 一眼レフカメラは御自身で好みのセッティングにしなければ思うよう...

体験レッスンお疲れ様でした。 さて、今までとは全く違うメーカーのカメラはさすがに抵抗を感じるかもしれませんね・・・ しかしながら覚えてしまえば非常に簡単です。 ①撮影モードはほぼ同じ・・・②ISO感度の設定もほぼ同じですね・・・③WB設定も侵入口が分かれば大丈夫ですし、④フォトスタイルに...

本日は、体験レッスンお疲れ様でした。 短い御時間でしたがいかがでしたか? 非常に熱心に受講されてありがとうございます。 初めて一眼レフカメラを御購入されてのレッスンとの事でしたが、非常に理解力が高くこちらが焦ってしまい上手く説明できずに申し訳ありませんでした・・・ ストラップの...

レッスンノート ページ先頭へ