サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート 露出の話、他質疑応答

露出の話、他質疑応答

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もレッスンお疲れ様でした!

背景用のペーパーを買っていただいたので、撮影のステージは出来上がっていましたね!
前回よりも大きい作品、ミニチェアーを撮影してみました。

室内の蛍光灯は全てつけたまま、ライトボックスを1灯前から足して、セッティングしてくれていましたね。
そのままオート(ミドリのカメラマーク、フラッシュ発光禁止マーク、シーンモード)で撮影してみると、全体的に暗く撮れました。
これはなぜかというと、背景の「白」をカメラは「明るい」と判断し、明るさを暗くしてしまうからです。
商品を正しい明るさで撮影するには、明るさを調整する必要があるのです。

上記のカメラオートでは、明るさをカスタムすることは出来ません。
明るさ調整(露出補正)をするために、今日はPモードをオススメしました。

シャッタースピード、絞り、ISO感度

どのモードにおいても、カメラは上記の3つを使って、写真の明るさや見え方を決めています。これを露出といいます。

Pモードは、シャッタースピードと絞り、両方をカメラが決めてくれるオートモードです。
ISO感度は単独で設定します。メニューの中からの設定でオートにもできます。
このモードであれば、露出以外の設定をカスタムすることができます。

露出以外の設定、とは、
露出補正
ホワイトバランス、フォーカス設定、などなど…
です。

Pモードにして、ISO感度設定もオート、露出補正(+/-ボタン)を+1.7〜2.0、くらいでちょうど良さそうな明るさでしたね。

レンズは、18〜55ミリズームで、なるべく55ミリに近い方(望遠側)を使うと、作品のゆがみ(パース、遠近感)が弱くなり自然な見え方になると思います。

広角と望遠では、作品の歪み方がだいぶ違います。
撮り比べてみて、わかりましたね。
望遠の方が確かに歪みは少なくなりますが、超望遠になると今度は作品とカメラ位置の距離が必要になってきます。
撮る場所の広さや引きと、商品の大きさ見えかたが、上手く折り合いつくように、レンズを選んでいきましょう。
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れ様でした! カメラの受講歴がおありとのこと、まずはこれまで習ってきた内容の確認からさせていただきました。 露出の基本やカメラ設定のいろいろは、しっかり頭に入っているようでしたね。 焦点距離とセンサーサイズの関係や画角の見え方の違いも、理解されていました。 ...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! オートでしか撮っていないが、マニュアルで撮れるようになりたいとのことでしたね。 まずはカメラの仕組みから、お話させていただきました。 まず、オートとは、何がオートなのか。 大きくわけて、 ①露出(写真の明るさ) ②フォーカス(ピント) ...

本日もレッスンお疲れ様でした! まず最初、旅行などのこれまでの作品を見せていただきました。 ストックホルムでの写真は、素晴らしかったです!! 前回のレッスンでやったHDRがとても効率よく使われていました。 露出の差をしっかりと把握して、HDRの度合いもカスタムされていたのには驚...

14:00〜15:00の登録ぶんです。 今日、楽しいと言ってもらえて、私も嬉しかったです!楽しく続けていきましょうね。

本日もレッスンお疲れ様でした! 前回からしばらく時間が空いてしまったので、まずはカメラを立ち上げるところからおさらいしました。 ①電源を入れる ②レンズを繰り出す(18〜55の数字の範囲内) ③シャッターを半押しする ④ピピっとピントが合うのを確認し、シャッターを切る ...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta