サイタ趣味の習い事カメラ教室 千葉 幸彦のやさしいカメラ講座 レッスンノート 露出の理解と標準露出を決定する3要素をどのように使い分けるか。

露出の理解と標準露出を決定する3要素をどのように使い分けるか。

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

カメラの基本である、露出の決め方をおさらいしました。フォトマスター検定の勉強もしていること等もあって、基本的には理解しているようでした。図を使っての説明を実施ししました。
3要素(絞り、シャッター速度、ISO感度)で標準露出を決めるのは反射率18%の被写体を前提とした、決め方であり、適正露出とはある意味違う。
●シャッター速度を変えたら表現がどう変わるのかサンプル写真を見ながら高速シャッターを使った事例で飛沫の止まる様子や、ヘリコプターのプロペラの動感を表現するにはとか、バルブを使う必要がある場合はこういう時等)
●絞りで調整する場合は、被写界深度をコントルールする必要がある場合(ポートレートでは絞りを開けて浅い被写界深度に、風景等でパンフォーカス気味に撮る場合は絞り込む等)、又、夜景等で光芒を伸ばすにはどうすれば良いか等。
●ISO感度については、作画意図がなければ上げすぎないこと。ブレを抑えられる範囲迄にする。

上記の説明を致しましたが、概ね既に理解されているようでしたね。
なぜ18%グレーなのかも既に理解されており、初級レベルよりもずっと上ですね。
後は、露出オートのP・A・T・Bの使い分けにについても説明させて頂きました。
知識レベルがかなり高く、私の説明は確認レベルの事が多かったのではないでしょうか?又、普通はあまり疑問に思わない事などにも注意が働き凄く前向きで、これからもどんどん伸びる姿勢だなと感じました。例としては、絞りを絞ると何故被写界深度が深くなるのか?とか。フリーハンドで図を書かせて頂いたので、ちょっと見ずらかったと思いますが、これも許容錯乱円のことをご存じでしたね。小さな疑問を持てるのはとってもいいことですね。フォトマスター検定合格も視野に入れているので是非頑張って欲しいと思いました。
新着レッスンノート

前回の復習も含めて、撮影画像をカメラからPCへコピー保存の仕方を確認しました。 内容 ・必要なソフトウェアをインストールし、実際に操作をしてご説明。  (EOS Utility、Digital Photo Professionalの操作) ・ファイルやフォルダのコピー方法、削除方法...

画像をPCで保存・管理するフォルダ構造について。 バックアップの必要性について。 撮影した画像を、カメラからPCへコピーする方法。 及び、外付けSSDへ画像のバックアップを行う方法。 この2点については、ご持参されたノートPCにて実際の操作をしながらご説明。 その他、その場で...

所有されているカメラを使っての説明と、 持参されたプリントを見ながらご質問にお答え致しました。 その他 ■撮影モードの説明。 全自動、P、Tv,Av,Bulb、どのような場合に使うか。 ■絞りとシャッター速度とISO感度について、 それぞれを変えると写真の何が変わるのかを説...

今回は、屋内で人物を撮る際の基本的な設定や考え方、注意点などの説明を行いました。屋外での人物撮影と共通のところも有りましたが、 明るさの少なさに起因する注意点についても説明させて頂きました。 又、光量を補うための光源、特にフラッシュについても最後にお話しさせて頂きました。 後は、...

スポーツのように、動き物を被写体とした場合の、 撮影設定や注意点についてお話しをさせて頂きました。 又、ご使用のカメラの機能の説明もさせて頂きました。  ・ファインダー撮影とライブビュー撮影。  ・AFモードについて。(ONE SHOT, AI FOCUS, AI SERVO)  ・...

レッスンノート ページ先頭へ