サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート カメラの基本の話、ライティングの話

カメラの基本の話、ライティングの話

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

お持ちのコンデジを使って、商品撮影や羊毛フェルトのイメージ撮影をしたいとのことでしたね。

商品撮影用に背景のセットやライトをお持ちで、それらを使ってもっと良く撮るには…を、絵を描きながらアドバイスさせて頂きました。
お料理やコスメ用品などは、少し逆光になるようライティングを意識してみてください。
商品より後ろ側にライトを設置、手前は白のボード(レフ)で反射光で明るくする、という感じです。
商品を立てて置くか寝かせて置くかでライティングは変わりますが、基本、ちょい逆光を意識してみてください。

レンズのズームについて。
商品を撮る時に、広角レンズで撮ると商品のゆがみが大きくでてしまいます。可能な限り望遠側で撮影して見てください。アングルも、低めから見るのか高めから見るのかで、見え方が変わってきますので、商品の形をよく見て、より良く見えるアングルを探しましょう。

カメラの基本のお話。露出。
写真の明るさを決めるのに、シャッタースピード、絞り、ISO感度、を使って調整します。

シャッタースピード→動き(ブレる、止まる)
絞り→被写界深度(ピント合う深さ、背景のボケ具合)
ISO感度→粒子感(なめらか、ザラザラ)
これらは上記のような特徴があり、撮る場所の光の量によってその組み合わせを決めていきます。

Pモードは、シャッターも絞りもカメラが考えてくれるオートです。
ISO感度は単独で設定します。(オートも可)
まずはこのモードで、カメラが決めて来た数値をみて、シャッター絞り感度、の数値に慣れていきましょう。シャッター絞りの組み合わせはダイヤルで変えることができます。

Pモードでしばらく練習して、慣れてきたら次回レッスンやりましょう!
ご連絡お待ちしています。
新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした! 今日は、カメラが写真を撮る仕組みから、お話しさせていただきました。 まずは露出から。 露出は、写真の明るさのことです。 ①シャッタースピード→動き(止まる、ブレる) ②絞り→被写界深度(背景がボケる、ボケない) ③ISO感度→ 粒子感(滑らか、ざ...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! ブーケの撮影をしたいとのことでしたね! お花の先生にAモードを教わったとのこと、補足説明をさせて頂きました。 Aモードは、絞り優先オートという、明るさを調整する3つの機構の中の『絞り』を自分で決めて、他はカメラに決めてもらう、というオートモード...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 陶芸の作品を撮りたいとのことでしたね。 カメラはまだ買って間もなく、使い方もこれからとのこと。 写真を撮る時に考えることは、 ①カメラをどう使うか ②光をどう選ぶか(太陽光?照明?) ③作品を置く場所(背景)をどうするか? です。 また、...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 写真を基礎から学びたいとのこと、基本の露出(シャッタースピード、絞り、ISO感度)についてはご自分で調べられていましたね! 露出とは、写真の明るさのことです。 シャッタースピード→動き(ブレる、止まる) 絞り→被写界深度(背景がボケる、ぼけな...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 普段オートで撮られていて、イマイチ、と思うことが多かったとのことでしたね。 まずは、カメラの基本から説明させていただきました。 カメラにはいろんなモードがありますが、上部ダイヤルは露出をどう決めるかの選択ダイヤルです。 露出とは明るさのこ...

レッスンノート ページ先頭へ