サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート 露出のおさらいから

露出のおさらいから

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

カメラの受講経験ありとのことでしたので、まずは習ったことをヒアリングさせていただきました。

基本的な撮り方や実践練習、DPPでの現像など、撮影から仕上げまでの大半は教わっていましたね。

今日は再度露出についておさらいをし、これから人物を撮りたいという目標にむかい、カメラをどう扱っていったら良いか、考えていきました。

露出の基本は、
①シャッタースピード②絞り③ISO感度
です。

①シャッタースピード→動き。
遅いとブレる、速いと止まる。

②絞り→被写界深度(ピントの合う深さ)。
数値が小さい→絞り開→深度は浅い→背景ボケる
数値が大きい→絞り閉→深度は深い→背景ボケない

③ISO感度=フィルム感度、光を感じる力。
低い→粒子細→なめらか、キレイ
高い→粒子荒→ザラザラ、ノイズ

これらは上記のような特徴があり、撮る場所の光の量に応じてその数値が決まります。
また、被写体やどんな写真にしたいかで、その組み合わせを変えて行きます。

カメラ上部ダイヤルは、露出の組み合わせをどう決めるかのモード選択で、AVモード(絞り優先オート)をオススメしました。

まず、背景のボケ具合を想像しながら、絞り値を決めます。
ISO感度は最初はオートで。
シャッターを半押しして、カメラが決めてくるシャッタースピードとISO感度を確認します。

シャッタースピードが遅すぎる→ISOを手動で上げる
シャッタースピードが速すぎる→ISOを手動で下げる
こうすることで、オートでありながらもシャッタースピードまで制御することができます。

今まで数値まではあまり見ていなかった、とのことなので、まずはAVモードで絞り値を自分で決めること、シャッタースピードやISOの数値も一緒に見てみること、から始めてみましょう。

人物を撮る時にはシャッタースピードがポイントになってくるので、自分が決めたモードで、露出の数値を操れるように練習していきましょう!
新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした! 今日は、カメラが写真を撮る仕組みから、お話しさせていただきました。 まずは露出から。 露出は、写真の明るさのことです。 ①シャッタースピード→動き(止まる、ブレる) ②絞り→被写界深度(背景がボケる、ボケない) ③ISO感度→ 粒子感(滑らか、ざ...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! ブーケの撮影をしたいとのことでしたね! お花の先生にAモードを教わったとのこと、補足説明をさせて頂きました。 Aモードは、絞り優先オートという、明るさを調整する3つの機構の中の『絞り』を自分で決めて、他はカメラに決めてもらう、というオートモード...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 陶芸の作品を撮りたいとのことでしたね。 カメラはまだ買って間もなく、使い方もこれからとのこと。 写真を撮る時に考えることは、 ①カメラをどう使うか ②光をどう選ぶか(太陽光?照明?) ③作品を置く場所(背景)をどうするか? です。 また、...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 写真を基礎から学びたいとのこと、基本の露出(シャッタースピード、絞り、ISO感度)についてはご自分で調べられていましたね! 露出とは、写真の明るさのことです。 シャッタースピード→動き(ブレる、止まる) 絞り→被写界深度(背景がボケる、ぼけな...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 普段オートで撮られていて、イマイチ、と思うことが多かったとのことでしたね。 まずは、カメラの基本から説明させていただきました。 カメラにはいろんなモードがありますが、上部ダイヤルは露出をどう決めるかの選択ダイヤルです。 露出とは明るさのこ...

レッスンノート ページ先頭へ