サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート 露出のおさらいから

露出のおさらいから

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

カメラの受講経験ありとのことでしたので、まずは習ったことをヒアリングさせていただきました。

基本的な撮り方や実践練習、DPPでの現像など、撮影から仕上げまでの大半は教わっていましたね。

今日は再度露出についておさらいをし、これから人物を撮りたいという目標にむかい、カメラをどう扱っていったら良いか、考えていきました。

露出の基本は、
①シャッタースピード②絞り③ISO感度
です。

①シャッタースピード→動き。
遅いとブレる、速いと止まる。

②絞り→被写界深度(ピントの合う深さ)。
数値が小さい→絞り開→深度は浅い→背景ボケる
数値が大きい→絞り閉→深度は深い→背景ボケない

③ISO感度=フィルム感度、光を感じる力。
低い→粒子細→なめらか、キレイ
高い→粒子荒→ザラザラ、ノイズ

これらは上記のような特徴があり、撮る場所の光の量に応じてその数値が決まります。
また、被写体やどんな写真にしたいかで、その組み合わせを変えて行きます。

カメラ上部ダイヤルは、露出の組み合わせをどう決めるかのモード選択で、AVモード(絞り優先オート)をオススメしました。

まず、背景のボケ具合を想像しながら、絞り値を決めます。
ISO感度は最初はオートで。
シャッターを半押しして、カメラが決めてくるシャッタースピードとISO感度を確認します。

シャッタースピードが遅すぎる→ISOを手動で上げる
シャッタースピードが速すぎる→ISOを手動で下げる
こうすることで、オートでありながらもシャッタースピードまで制御することができます。

今まで数値まではあまり見ていなかった、とのことなので、まずはAVモードで絞り値を自分で決めること、シャッタースピードやISOの数値も一緒に見てみること、から始めてみましょう。

人物を撮る時にはシャッタースピードがポイントになってくるので、自分が決めたモードで、露出の数値を操れるように練習していきましょう!
新着レッスンノート

本日は体験レッスンお疲れ様でした! カメラの受講歴がおありとのこと、まずはこれまで習ってきた内容の確認からさせていただきました。 露出の基本やカメラ設定のいろいろは、しっかり頭に入っているようでしたね。 焦点距離とセンサーサイズの関係や画角の見え方の違いも、理解されていました。 ...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! オートでしか撮っていないが、マニュアルで撮れるようになりたいとのことでしたね。 まずはカメラの仕組みから、お話させていただきました。 まず、オートとは、何がオートなのか。 大きくわけて、 ①露出(写真の明るさ) ②フォーカス(ピント) ...

本日もレッスンお疲れ様でした! まず最初、旅行などのこれまでの作品を見せていただきました。 ストックホルムでの写真は、素晴らしかったです!! 前回のレッスンでやったHDRがとても効率よく使われていました。 露出の差をしっかりと把握して、HDRの度合いもカスタムされていたのには驚...

14:00〜15:00の登録ぶんです。 今日、楽しいと言ってもらえて、私も嬉しかったです!楽しく続けていきましょうね。

本日もレッスンお疲れ様でした! 前回からしばらく時間が空いてしまったので、まずはカメラを立ち上げるところからおさらいしました。 ①電源を入れる ②レンズを繰り出す(18〜55の数字の範囲内) ③シャッターを半押しする ④ピピっとピントが合うのを確認し、シャッターを切る ...

レッスンノート ページ先頭へ