サイタ趣味の習い事カメラ教室 大阪 ヨコヤマ写真スクール レッスンノート 「花火撮影のポイント」

「花火撮影のポイント」

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

暑い中写真レッスン参加いただきありがとう
ございました。
2か月ぶりのレッスン、今回はご質問の出た花火の
写し方について主にお話ししました。

今回購入されたミラーレスカメラで撮影された花火を
お見せいただきアドバイス差し上げました。

キッチリと撮られているショットもありましたが、一部手振れが発生
していました。

花火を単発を撮られた画像のデータを見ますとシャッタースピード1/15秒
でF8の絞りでした(絞り優先モードで撮影)。

シャッタースピードを速く切るには、開放でF1.8という明るいレンズを
ご使用ですので、絞りをF8ではなくF2.8まで開けることにより
シャッタースピードが1/250秒と速いシャッタースピードになるため
手振れが防げます。

手持ちで花火を撮影する場合は、なるべく絞りを開け(F値を小さく)
撮影してください。

ただ、手持ちですと、単発の花火しか写りませんので、華やかさを
出すには、長時間の露光を掛け、一画面に何発もの花火が写し込まれる
といいです。
その撮影条件として

1.撮影モードはマニュアルモードにします。

2.絞りをF8、シャッタースピードを4-10秒の間に
 設定します。
 シャッタースピードが長くなればなるほど、花火の打ち上げられる
 間隔にもよりますが、花火の数が複数個写し込まれます。

3.ピントはオートフォーカスで大丈夫と思いますが
  合わない場合は液晶画面を見ながら遠くに見える光に
  ピントをマニュアルフォーカスにして合わせます。

4.写った画像が暗ければ絞りをF8からF5.6、F4と
  変更して撮影してください。
  逆に明るければ、F8F11,F16と変更してみてください

5.4-10秒の露光になりますと、三脚が必要です。
  小型の三脚を一番短い状態で地面に置き、カメラを
  取り付け、空に向けてください。

 以上、今年の花火はほとんど終わってしまっていますが
 猪名川の花火が8月16日です。
 
 東京ディズニーランドでは頻繁に花火を打ち上げています。
 機会がありましたら、撮影してみてください。   ヨコヤマ


 
このレッスンノートを書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

新着レッスンノート

体験レッスンお疲れ様でした。 新たに、ミラーレスカメラを購入され本格的に 写真に取り組みたいとのことで、今回体験レッスンを 受講されました。 写真は趣味としてベストな選択です。 旅の思い出、記録としての価値、感動を写しとめることにより 世の中の楽しみ、悲しみをより大きく...

雨の中写真レッスンご参加ありがとうございます。 数回にわたりクリップオンストロボによる撮影基礎編 でレッスンを進めています。 前回花のクローズアップ写真でストロボを炊いて 撮影していただきましたが、通常の光量で当てると 白く飛ぶ部分が発生しました。 再度、ストロボ調整(...

遠方より寒い中、また、熱心に写真レッスン受講され ありがとうございました。 2回目の本レッスン、1回目に続きカメラ、写真の基礎について お話ししました。 寒い中外に出て撮影するのも躊躇しますね。 冬は冬でいい被写体がありますが、冬場にカメラ、写真の知識を 詰め込み、春の...

お仕事帰りの写真レッスン参加いただき ありがとうございました。 今日から、本レッスン開始ですね。 暫く、写真の基礎の話しになりますが じっくりと取り組みましょう。 基礎が重要ですので頑張ってレッスンを 受けてください。 本レッスン1回目は露出と背景のボケ強さの条件です...

暮のお忙しいなか、写真レッスン参加いただき ありがとうございました。 本日は、先日実施しましたポートレートスタジオ撮影レッスン で撮影した画像をお持ちいただき、アドバイス差し上げました。 スタジオポートレート撮影は光の当て方(ライティング)と いかに、自然な表情を捉えるかです...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta