サイタ趣味の習い事カメラ教室 大阪 ヨコヤマ写真スクール レッスンノート 「花火撮影のポイント」

「花火撮影のポイント」

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

暑い中写真レッスン参加いただきありがとう
ございました。
2か月ぶりのレッスン、今回はご質問の出た花火の
写し方について主にお話ししました。

今回購入されたミラーレスカメラで撮影された花火を
お見せいただきアドバイス差し上げました。

キッチリと撮られているショットもありましたが、一部手振れが発生
していました。

花火を単発を撮られた画像のデータを見ますとシャッタースピード1/15秒
でF8の絞りでした(絞り優先モードで撮影)。

シャッタースピードを速く切るには、開放でF1.8という明るいレンズを
ご使用ですので、絞りをF8ではなくF2.8まで開けることにより
シャッタースピードが1/250秒と速いシャッタースピードになるため
手振れが防げます。

手持ちで花火を撮影する場合は、なるべく絞りを開け(F値を小さく)
撮影してください。

ただ、手持ちですと、単発の花火しか写りませんので、華やかさを
出すには、長時間の露光を掛け、一画面に何発もの花火が写し込まれる
といいです。
その撮影条件として

1.撮影モードはマニュアルモードにします。

2.絞りをF8、シャッタースピードを4-10秒の間に
 設定します。
 シャッタースピードが長くなればなるほど、花火の打ち上げられる
 間隔にもよりますが、花火の数が複数個写し込まれます。

3.ピントはオートフォーカスで大丈夫と思いますが
  合わない場合は液晶画面を見ながら遠くに見える光に
  ピントをマニュアルフォーカスにして合わせます。

4.写った画像が暗ければ絞りをF8からF5.6、F4と
  変更して撮影してください。
  逆に明るければ、F8F11,F16と変更してみてください

5.4-10秒の露光になりますと、三脚が必要です。
  小型の三脚を一番短い状態で地面に置き、カメラを
  取り付け、空に向けてください。

 以上、今年の花火はほとんど終わってしまっていますが
 猪名川の花火が8月16日です。
 
 東京ディズニーランドでは頻繁に花火を打ち上げています。
 機会がありましたら、撮影してみてください。   ヨコヤマ


 
このレッスンノートを書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

新着レッスンノート

写真レッスンお疲れ様でした。 本日も、前回レッスン以降撮影された写真をお持ちいただき アドバイス差し上げました。 写真は、基本的に他の人が見て伝わる写真が価値のある写真です。 伝わる写真を撮るには、最低限3つのポイントがあります。 1.主体がはっきりとつかんでいること...

お仕事お忙しい中、写真レッスン参加いただき ありがとうございました。 本日もフィルムカメラで撮影した写真数々みせていただき ました。 HOLGAの写真、魚眼アダプターを付けてリバーサルフィルムで撮影した写真 中間リングを付けて撮影した接写の写真、粗粒子の写真 ピンホール写真...

お忙しい中、写真レッスンお疲れ様でした。 2か月振りのレッスン、前回から長時間露光について レッスンを進めています。 本題に入る前に、実際課題の撮影に使用したフィルターを確認したところ polaloid MC FEDER ND の表示がフィルター枠に印字されていました。 ...

体験レッスンお疲れ様でした。 デジタル一眼レフを購入されて7年経過し、色々疑問点が 出てきて、使いこなせないでおられたとのこと。 本日の体験レッスンで疑問点は解けたと思います。 いかがでしたでしょうか。 振り返ってみましょう。 1.レンズの機能説明  ①お使いのレ...

遠方からのレッスンお疲れ様でした。 今回は新たに購入された超広角レンズ(TAMRON 17-35mm)を 使い、大阪中之島図書館での撮影でした。 購入されたレンズは、最近発売されたレンズで今、各カメラ誌(月刊カメラマン CAPA等)で好評です。 新たに、デジタル用に設計、...

レッスンノート ページ先頭へ