サイタ趣味の習い事カメラ教室 愛知 いっしょに楽しむ写真教室 レッスンノート 野外での撮影実習

野外での撮影実習

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は水族館での撮影実習を行いました。
水族館はフラッシュ撮影が禁止されており、また館内は暗いため
ブレてしまう可能性がおこります。
絞りは開放でISOはオートもしくは高感度がおすすめです。

また水槽に使われているアクリルが暑く、アクリルに対し平行でないと
写真にアクリルの歪みが出てしまうことがあるので、
なるべく撮影するさいは水槽に対して平行で撮ることをおすすめします。

水槽の中でたくさんの魚が一斉に泳いでいるシーンの場合
カメラのオートフォーカス(AF)では、迷ってしまいピントがあいづらいことがあります。
そんなときはマニュアルフォーカス(MF)で自分で決めてあげるとシャッターを切ることができます。

早いスピードで泳いでいる魚を少しだけスローシャッターで流し撮りをしてみると
躍動感のある写真を撮ることができます。

ホワイトバランスや露出補正で自分のイメージしている作品に近づけることも楽しいですね。
ぜひまた水族館で一眼レフで撮影をしてみてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

ドキュメンタリー番組でも取り上げられた注目の写真家!和やかに指導します

新着レッスンノート

今回は水族館での撮影実習を行いました。 水族館はフラッシュ撮影が禁止されており、また館内は暗いため ブレてしまう可能性がおこります。 絞りは開放でISOはオートもしくは高感度がおすすめです。 また水槽に使われているアクリルが暑く、アクリルに対し平行でないと 写真にアクリルの歪みが...

今回のレッスンは野外で実際に撮影しながらのレッスンとなりました。 一眼レフならではの被写体にピントがあっていながら、後ろがボケるという写真は 望遠レンズをつかうことによって、距離感が出るのでよりボケやすい写真を撮ることができます。 また標準レンズでも被写体にかなり近づいて撮影すること...

前回レッスンの際に宿題でお願いをしました 順光・逆光・斜光での撮影してきていただいた作品を拝見しました。 順光で撮影するとどうしても、のっぺりとした印象ですが 斜光、逆光にすることによって被写体がドラマチックな印象になります。 光を上手に操作され素敵な作品を沢山見せていただきました...

前回に続き今回も野外での撮影レッスンを行いました。 マクロレンズをご購入されたとのことで、今の季節の花である アジサイを主に撮影してみました。 マクロレンズで撮影する際どうしてもより気味の写真ばかりになってしまうのですが マクロレンズはボケも綺麗なので、遠くの木漏れ日をまるボケにいれて...

前回のレッスンから今回までに撮影された水中写真を拝見しました。 水中のためハウジングを使用し、ストロボを使われたのですが なかなかストロボの設定が難しく思った色が出てないとのことでした。 また水中で動く魚を撮影する際、マクロレンズのため 被写界深度が浅く動体なのでピントがずれてしま...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta