サイタ趣味の習い事カメラ教室 愛知 いっしょに楽しむ写真教室 レッスンノート 野外での撮影実習

野外での撮影実習

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回は水族館での撮影実習を行いました。
水族館はフラッシュ撮影が禁止されており、また館内は暗いため
ブレてしまう可能性がおこります。
絞りは開放でISOはオートもしくは高感度がおすすめです。

また水槽に使われているアクリルが暑く、アクリルに対し平行でないと
写真にアクリルの歪みが出てしまうことがあるので、
なるべく撮影するさいは水槽に対して平行で撮ることをおすすめします。

水槽の中でたくさんの魚が一斉に泳いでいるシーンの場合
カメラのオートフォーカス(AF)では、迷ってしまいピントがあいづらいことがあります。
そんなときはマニュアルフォーカス(MF)で自分で決めてあげるとシャッターを切ることができます。

早いスピードで泳いでいる魚を少しだけスローシャッターで流し撮りをしてみると
躍動感のある写真を撮ることができます。

ホワイトバランスや露出補正で自分のイメージしている作品に近づけることも楽しいですね。
ぜひまた水族館で一眼レフで撮影をしてみてくださいね。
このレッスンノートを書いたコーチ

ドキュメンタリー番組でも取り上げられた注目の写真家!和やかに指導します

新着レッスンノート

今回は、明治村に行き建物撮影のレッスンを行いました。 ちょうど紅葉シーズンでしたので、 紅葉を撮影するとき逆光で撮る場合は 露出補正を明るめで撮影すると、紅葉した葉が透けて色が綺麗に出ます。 また手前に紅葉した葉を入れて、「前ボケ」で撮影すると奥行きが出て 写真に立体感がでてきま...

前回の料理撮影に引き続き、焼き鳥屋さんにてお料理撮影のレッスンを開催しました。 お料理の撮影は基本的には半逆光にすることによってお料理にテリ感のある 美味しそうなお料理が撮影することができます。 今回は夜の焼き鳥屋さんでの撮影レッスンなので 前回のように窓から入ってくる自然光を使う...

今回はお料理の撮影をしていたいとのことで パンケーキを撮影する上でのアドバイスをさせていただきました。 お料理の撮影をするときは、光のあたりかたによってかなり印象が変わってきます。 料理が美味しそうに見えるのはシズル感がでるかどうかで シズル感を出すには半逆光で撮影するのが一番きれ...

今回は夜景撮影の集大成ということで、いつか撮影されてみたいとおっしゃっていた 三重県四日市の工場夜景を撮影しにおでかけしました。 日の入り時刻に現地に到着。 夜景撮影ですが、日の入りから真っ暗な夜の闇になるまでの時間 マジックアワーで撮影をすると、空に少し明るさを残しながら 工場...

お子さんを撮影されるためにミラーレス一眼カメラを ご購入されたいとのことでご相談させていただきました。 ボケを使った優しい雰囲気の写真を撮影する場合は、単焦点レンズがおすすめです。 ただ標準ズームレンズでもズーム側で赤ちゃんによっていただくことによってボケはできるので 標準ズームで...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta