サイタ趣味の習い事カメラ教室 埼玉 基礎から学べるカメラ教室 レッスンノート ライティングと写り込み

ライティングと写り込み

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした。
商品撮影のライトの性質と写り込みを中心にご説明させていただきました。

【ストロボライトの性質】については、大きく分けて二つあります。

1 「バウンス系」(壁当て、傘)
メリット(光が拡散して全体的に綺麗に当たる・影が出にくい)
デメリット(柔らかい光になるため、質感が出ない、色味が薄い)


2 「直当て」(ストロボ直接当てる、太陽光に近い光)
メリット(硬い光になり色味が出やすい、質感が出やすい、細かいライティングができる )
デメリット(影が出やすく、ライトの位置の調整が細かくなる)

ライトの前方にディフューザートレペ等)使用しないと影が強すぎる


【写り込みについて】
写り込みは、商品撮影では、必ず出てくる課題です。

1 商品からカメラを離す(近いと自分やカメラが写り込みやすくなる、中望遠レンズ以上がオススメ)
2 ディフューザートレペ等)で写り込みを減らす

【まとめ】
色味を重視する場合は、ストロボの直当てをお勧めします。
但し、デフューザー(トレペ等)を使用しないと、光が強すぎてしまう。
また、直当てとバウンス(壁当て、天井バウンス)をミックスして撮影するとバランスも良くなると思います。

写り込みについては、どの程度仕上がり具合でOKにするかにもよりますが、修正箇所を最大限減らすとなるとディフューザートレペ等)を使用することが近道となります。

機材や予算も限りがあると思いますので、どこまで撮影でカバーするのか、修正するのか判断も難しいと思いますが、ディフューザートレペ等)は、一本だけでもあると、使い勝手が良いのでお勧めします。是非、レッスン内容を参考にチャレンジして見てください。
このレッスンノートを書いたコーチ

キャリア20年以上のカメラマン。写真撮影はもちろん、動画の撮影・編集も

新着レッスンノート

体験レッスンお疲れさまでした。 印刷で使用する写真は、掲載される大きさによって、画像の粗さや色味が目立つことがあります。自然光のみで撮影する場合は、環境によってオートでも色味が難しい場合があります。事前に撮影場所の環境を把握しながら撮影してみましょう

お疲れ様です。ヒアリングが中心の体験レッスンとなりましたが、楽しい時間が共有できました。マニュアルも理解されているので、今後は表現するコツを一緒に学んでいきましょう!

レッスンお疲れ様でした。 写真を見せていただき、ありがとうごいざいます。 心がほっとする、素敵な写真、また見せてください。 以下が今日のレッスンのおさらいです。 <レンズの焦点距離(㎜数)を見よう!> レンズが 25㎜が目線に近い距離感になります。 25㎜を基準に、数が小さ...

本日は、体験レッスンお疲れさまでした。 私も有意義な楽しい時間が過ごせました。ありがとうございます。 自分が好きなことや、興味のあること、または活動していることなど、身近な被写体から作品作りを始めるといいかと思います。応援しております。

体験レッスンお疲れ様でした。 コンパクトカメラの操作機能を中心にお話しさせていただきました。 1. カメラのダイヤルをP(プログラム)にしておけば写真は、写ります。 動いてしまう事もあるので、撮影前にPになっているか確認してみましょう! 2. ズーム機能 W(ワイド)側にする...

レッスンノート ページ先頭へ