サイタ趣味の習い事カメラ教室 京都 京都カメラ教室 レッスンノート 体験レッスンのおさらい

体験レッスンのおさらい

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンをご受講くださりありがとうございました。
お使いのカメラがメーカー出荷時のままでしたので、先ずはカメラのセットアップメニューを開いてカメラを快適に使えるように、初期設定を見直しました。

ミラーレスカメラですが電子ファインダー(覗き窓)も装備しており、また超多機能で本格的な機材ですので、扱い慣れる事が肝心です。
失敗などを気にしないで普段の生活の中でも沢山撮影して、シャッターボタンと露出補正ダイヤルその操作に慣れてください。

撮影手順は1枚目は露出補正ダイヤルを0の位置で撮り、それの撮影結果で二枚目以降を明るくしたり、暗くしたりしてください。
その明るさ調整の幅は撮影現場によってまちまちですので、決まった数値設定はありません。難しく考えずに「明るくしたい時はダイヤルをプラス側に」「暗くしたい時はダイヤルをマイナス側に」セットして再撮影すればよいだけです。
最初のうちはまどろっこしいですが、沢山撮るうちにスムーズに扱えるようになりますので頑張ってください。

今回はほぼフルオートに近い「インテリジェンスオート」撮影モードからの練習をお勧めさせていただきましたので、御自身の撮影意図・表現意図を反映しにくいのですが、「手ブレしないようにカメラをしっかり構えて撮る」・「シャッターチャンスに反応できるようになる」など意識してください。

また撮影する「晴天屋外」「晴天室内」「夜間屋外」「夜間の照明の点いた室内」等、その場の明るさによって、モニターディスプレイ画面の明るさ調整をするのも忘れないようにしてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

実務10年以上・元デザイナーのプロカメラマン。人物・風景・商材何でも相談OK

新着レッスンノート

本日のレッスンおつかれさまでした。 三脚とNDフィルターを用いた実践撮影をおこなう予定でしたが、生憎の雨になってしまったので、機材についてのお話しなどさせていただきました。 お使いのカメラでシャッター動作が安定しないとの事で、お聞きした症状から推測すると、ミラーorシャッター幕の動作調整も...

本日の体験レッスンお疲れさまでした。 今回は商品撮影の基礎を学んでいただきました。 先ず切り抜き前提の白ヌキ画像を作るための撮影環境の整え方です。 「商品にあてる光」と「背景にあてる光」をそれぞれ別々に用意する方法と、自ら発行する照明のような物(例えばライトテーブル)を背景に設置して...

本日のレッスンお疲れさまでした。 前回に引き続き商品撮影の撮り方についてレッスンいたしました。 拝見した画像は撮影環境のせいで「全体的に光量」が足りていないのが分かります。 先ずはなるべく明るい部屋(環境)を用意して、次にレフ板(光を反射させて光量を稼ぐ、板状の物・白色が好ましい...

本日は暑い中体験レッスンをご受講くださりありがとうございました。 既にクラシックカメラの部類に入りますが、とても魅力的な機材をお使いでカメラ好きの私としても嬉しく、また楽しくレッスンさせていただきました。 露出計が内蔵されているカメラでしたが、単体露出計をお持ちなので主にそれを使って露...

本日は遠い所、体験レッスンにお越しくださりありがとうございました。 お仕事の商品撮影という事で、ある程度のカメラの知識・撮影技術とライティングの知識・技術が求められます。 WEBや書籍などで研究されながら独学で撮影されていますが、うまく撮れなかった時のリカバリー方法や、写真のバリエーシ...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta