サイタ趣味の習い事カメラ教室 京都 京都カメラ教室 レッスンノート 体験レッスンのおさらい

体験レッスンのおさらい

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンを御受講いただきありがとうございました。

主な被写体がお子様やご家族様のポートレートなので、その撮影を中心にヒアリングレッスンを致しました。
具体的には「Aモード(絞り優先モード)」での注意点です。
Aモードは絞りを操作して「ピント位置の前後のボケ具合/シャープ具合」を撮影者が決めて撮るのに適しています。

既にご理解いただいてるとおり、絞り値がF1.8、またはその数値に近い程、ピント位置の前後幅が大きくボケて写るので、主役を画面の中に浮かび上がらせて表現されます。しかしながらピントをしっかり合わせるのも難しいので、ピントミスも発生しがちとも言えます。
ポートレートではモデルの向かって手前側の瞳にピントを合わせてあげるのが良いので、ピント合わせを注意しながら撮影してみてください。
絞りをF1.8に拘らないで、~F2.4程度までに調節しながら撮ると、ピント幅に少しの余裕がでるので、結果的にピント合わせの成功率が向上します。
オートフォーカスは必ずしも万能ではないのである程度の枚数を撮影したら、ピントチェックをしてシャッターボタンを押すタイミングや絞り操作が的確か?を御自身で確かめると良いです。

写真の明るさを変える時は「露出補正」と言う操作をします。
シャッターボタン付近の+/-ボタンを押しながらコマンドダイヤルをまわして、明るさを足す(明るくする)、明るさを引く(暗くする)をしてみてください。

晴天時の日中の屋外などではISO感度は100で良いですが、夕方や夜、また昼間でも室内などでは人間の眼が感じる以上に、暗い環境である事がおおいので、ISO感度の数値を400・800・1600と臨機応変に設定変更してください。
設定数値の目安は撮影した時に「手ブレや被写体ブレが起こらない数値」を選べば良いです。ただし数値が大きくなると高感度ノイズが発生してザラザラした写真になりますので、写真仕上がりの優先順位「画質orシャッターチャンス」を決めて撮ってください。

ピクチャースタイルをポートレートに変更してみました。
今まではスタンダードに設定されてたので、少しだけ硬調な仕上がりの写真になってましたが、ポートレートでは陰影の硬さ、色味が若干優しく表現されるのでおススメです。
ただしそれは「好み」の部分なので、他に「スタンダード」でもよいですし他の「ビビット」「風景」などの設定も試して、御自身の好みを見つけていただければと思います。

ヒアリングレッスン中に大変理解力が高いと感じましたので、かなり多くのアドバイスを致しました。
あとは実践を繰り返して表現の好みを見つける事と、カメラ操作に慣れればワンステップ上の写真が撮れると思いますので、マイペースで頑張ってみてください。
このレッスンノートを書いたコーチ

実務10年以上・元デザイナーのプロカメラマン。人物・風景・商材何でも相談OK

新着レッスンノート

本日は体験レッスンのご受講ありがとうございました。 商品撮影の手順とより良い結果になる追加機材についてお話しさせていただきました。 ・カメラ買い替えもご検討中とのことですので現状選択肢なら「自分はこれを選ぶ」物を述べさせていただきました。 画素数は印刷媒体対応も考慮して2400万画素...

本日はお忙しい中体験レッスンをご受講くださりありがとうございました。 商品撮影に特化した機材の使い方をアドバイスいたしました。 【カメラ設定】 ✓画像を好みの表現に近づけつつ安定させる為に、今お使いの撮影モード(フルオート)からAvモード(絞り優先モード)にする。 ✓ファイ...

昨日の本レッスンお疲れさまでした。 体験レッスンのヒアリングで学んでいただいた事を、実際の撮影を通して復習しました。 初の実践レッスンに二時間のご予約をいただき、少し心配もしていたのですが、昨年までのこの時期と違い人の少なさに助けられて自由に歩き自由にフレーミングしながらスムースにレッスン...

本日は体験レッスンをご受講くださりありがとうございました。 お持ちのカメラが機能満載なのでカメラ任せでも簡単に良い写真が撮れますが、それだけだと「自分好みの撮影結果にならない場合」もありますので、一旦カメラ任せを忘れて「自分好みの絵作りを探す作業をしながら撮る」ことへのアドバイスをさせていた...

本日の体験レッスンお疲れさまでした。 本格的な写真撮影を始められるきっかけとして新しくカメラ購入をお考えとの事でワクワクしますね。 主に撮りたい対象が何か?それをどう撮りたいか?が具体的にイメージできているので、その表現の方向性に適したレンズの種類をアドバイスさせていただきました。 カメ...

レッスンノート ページ先頭へ