サイタ趣味の習い事カメラ教室 京都 京都カメラ教室 レッスンノート 体験レッスンのおさらい

体験レッスンのおさらい

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日はお忙しい中、体験レッスンを受講くださりありがとうございました。

これまで撮られた作品を拝見しながら、ご質問にお答えする形でヒアリングレッスンをしました。

撮影された写真は大きな失敗があるわけでもなく、全体的に大変素晴らしい出来だと思います。
六年程も様々な被写体を撮られてるので、既に基礎知識も撮影技術も中級レベルといって差し支えないです。

「今の知識・技術が客観的に正しい方向性なのか?」を検証したいタイミングであり、写真上達のヒントもおぼろげに御理解されつつ、しかし「確信が持てない部分もあり踏み止まっている」ご様子です。

jpeg撮影が多いので、その時は「撮影後のレタッチはしない」くらいの気持ちで「各種設定」を慎重に決めてください。
カメラ内でデータから画像に変換作業されるので、出て来る絵はメーカーと機材の個性が反映されやすいです。
特にWB・ピクチャースタイルで絵作りの大半が決まるので、同じ場面を「WBばらし」「ピクチャースタイルばらし」で撮り比べて、御自身の好みを知っておくのも上達に繋がります。

絞り・シャッター速度・ISO感度の関係も御理解されてるので、表現要素の優先順位を選んで今のように設定すれば問題ないです。
「ノイズ・シャープネス・ボケ味の要素」は、機材性能に依存もしますから現状では今のスタイルでOKです。

Raw撮影では基本のWB・ピクチャースタイルを決めておいて、後で修正現像する方がやりやすいと思います。
ただしRaw生データでも「撮影時の設定」がある程度反映されており、撮影後の修正作業が自由自在ではありませんので、あくまでも撮影時に仕上がりを予測しつつ使うのが基本です。

レンズチョイスも被写体と表現意図に合わせて撮られてますので問題ありませんが、もう少し冒険しても良いかも知れません。
明るい単焦点をお持ちとの事なので、それで出来る事を徹底的に追及してみると次の一歩に進んで「明るいレンズのメリット」も生かした写真が沢山撮れると思います。

次の一本を選ぶなら「35/1.8」か「シグマ18-35/1.8」が良いと思います。「シグマ18-35/1.8」は重さ・価格が気になるかも知れませんが、とても良いレンズですので投資のしがいはあると思います※私も所有してます。

少ない時間でかなり詰め込んでヒアリングしたのでお疲れだったかも知れませんが、今後の写真ライフと、御家族の幸せ時間を沢山撮る参考になれば幸いです。


 
このレッスンノートを書いたコーチ

実務10年以上・元デザイナーのプロカメラマン。人物・風景・商材何でも相談OK

新着レッスンノート

本日は体験レッスンのご受講ありがとうございました。 商品撮影の手順とより良い結果になる追加機材についてお話しさせていただきました。 ・カメラ買い替えもご検討中とのことですので現状選択肢なら「自分はこれを選ぶ」物を述べさせていただきました。 画素数は印刷媒体対応も考慮して2400万画素...

本日はお忙しい中体験レッスンをご受講くださりありがとうございました。 商品撮影に特化した機材の使い方をアドバイスいたしました。 【カメラ設定】 ✓画像を好みの表現に近づけつつ安定させる為に、今お使いの撮影モード(フルオート)からAvモード(絞り優先モード)にする。 ✓ファイ...

昨日の本レッスンお疲れさまでした。 体験レッスンのヒアリングで学んでいただいた事を、実際の撮影を通して復習しました。 初の実践レッスンに二時間のご予約をいただき、少し心配もしていたのですが、昨年までのこの時期と違い人の少なさに助けられて自由に歩き自由にフレーミングしながらスムースにレッスン...

本日は体験レッスンをご受講くださりありがとうございました。 お持ちのカメラが機能満載なのでカメラ任せでも簡単に良い写真が撮れますが、それだけだと「自分好みの撮影結果にならない場合」もありますので、一旦カメラ任せを忘れて「自分好みの絵作りを探す作業をしながら撮る」ことへのアドバイスをさせていた...

本日の体験レッスンお疲れさまでした。 本格的な写真撮影を始められるきっかけとして新しくカメラ購入をお考えとの事でワクワクしますね。 主に撮りたい対象が何か?それをどう撮りたいか?が具体的にイメージできているので、その表現の方向性に適したレンズの種類をアドバイスさせていただきました。 カメ...

レッスンノート ページ先頭へ