サイタ趣味の習い事カメラ教室 神奈川 光と遊ぶフォトレッスン レッスンノート ブツ撮りで注意すべきポイント

ブツ撮りで注意すべきポイント

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした。

商材として扱っているネックレスをWeb通販サイトに掲載するためのお写真を、もっと見栄え良く撮れるようになりたい…とのことで、まずはダイレクトメール用に商品のネックレスをお撮りになったお写真を拝見しました。

朝、窓から差し込む光をメインに室内照明も加えて、大理石を背景に撮られたラピスラズリのネックレスでしたが、窓からのメイン光がやや「硬い」のか、大理石に落とす影が幾分目立っていました。

また宝石の表面に窓枠と桟が映り込んでいましたよね。
宝石は光沢が強く、周りの光を強く反射するので、周囲の環境光の形や配置にも配慮する必要があります。主役の宝石が映えるよう、できるだけシンプルなものが望ましいです。

さらに、光源が太陽光と室内照明の2種類でしたが、これは「ミックス光」といって色味が一致していない場合が多く、宝石の本来の色味が出ないケースもあります。
複数の光源を使う場合は、光源の「色温度」を統一するのが望ましいです。

このように商品撮影の「ブツ撮り」で大切なのは、まずは「ライティング」です。
写真とはphotography…光で描く画であり、光を受光した結果得られる産物です。
光の当て方次第で、同じ物でも見栄えがガラリと違ってきます。
被写体の質感や立体感を引き出す良い陰影もあれば、印象を損ねるだけの悪い陰影もあります。光と陰影をしっかりと意識することが大切になります。

自然光を光源とした風景や花撮りの場合は、天候や時間帯によって光の質や方向がなかなか思い通りにならないのが常ですが、「ブツ撮り」の場合は逆に被写体に合わせて光を自分で思い通りに作り込んでいく面白さがあり、そこが逆に難しさでもあります。

光の質についてですが、2種類ある光源によって大きく異なります。

1つは「点光源」…方向性のある「直接光」で、輪郭のはっきりした暗い影ができ、光沢(テカリ)もはっきりと出るので「硬い光」と呼ばれます。
太陽光やストロボ、電球の灯りがこれに相当します。

もう1つは「面光源」…様々な方向から射し込む「散乱光」で、それほど暗くなく輪郭がボケた影ができ、光沢も目立たなくなるので「柔らかい光」と呼ばれます。
一般には点光源から受けた光を「ディフューザー」(拡散板)で拡散したり「レフ板」で拡散反射させることで作り出します。
自然界では曇天の雲がまさに天然のディフューザーといえます。
なお、面光源も距離をうんと離すと太陽のように点光源とみなせるようになります。

ブツ撮りでは一般には柔らかめの光が理想と言われていますが、あまり柔らかくし過ぎると物の質感や立体感が損なわれてしまいます。
そんなときは光源とディフューザーの距離を調節することで直接光と散乱光のバランスを取ります。

主光源による陰影をさらに弱めるにはレフ板で起こしたり、2灯ライティングを行います。
お手軽なのは、ディフューザーやレフ板で囲った市販の撮影ボックスを利用することです。
お持ちいただいたPULUZの撮影ボックス(PU5022-2)は、LEDライトの位置と距離が固定されていて光量のバランス調節ができず、簡易的なブツ撮り用になりますが、工夫次第で効果的なライティング環境が作り出せるかと思われます。
次回色々と試してみましょう。

次はお持ちいただいたカメラとレンズの設定です。
カメラはNikon D40、レンズは標準ズームの18-55mmF3.5-5.6と望遠ズームの55-200mmF4-5.6をお持ちいただきました。

小さなアクセサリーの撮影なので、欲を言えば近接撮影で威力を発揮するマクロレンズが欲しいところですが、標準ズームでもある程度のことはやれるので大丈夫です。

普段はD40のAUTO(フルオートモード)で撮られているとのことでしたが、ライティング条件が定まっているブツ撮りではMモードがよく使われます。
ただ、今回は「露出」に慣れるためにAモード(絞り優先)で撮ってみました。

Aモードではダイヤルで、レンズの中の絞りの開き具合を表す「F値」を手動で設定します。
F値が小さいほど絞りが開いて光量が増え、大きくすると絞りが閉じ気味になって光量が減ります。
その光量に応じて「シャッター速度」をカメラが自動で調節することで、写真の明るさを一定に保っています。この写真の明るさのことを「露出」といいます。
F値はいわば蛇口のひねり量で、シャッター速度はコップで水を受ける時間、そして露出はコップの中の水の量…という風に例えると分かりやすいですよね。

Aモードではカメラが自動で調節する露出ですが、いつも完璧ではなく、ときどき暗過ぎたり明る過ぎたりというミスをします。
そんなときは「露出補正」を試してみましょう。シャッターボタン手前の「±」ボタンを押しながらダイヤルで調節します。
液晶に表示されるバーが「左側」に動けば「プラス補正」で(シャッター速度が遅く補正される分だけ)明るくなります。「右側」に動けば「マイナス補正」で(シャッター速度が速く補正される分だけ)暗くなります。

一点だけ、Aモードで明るく露出補正する場合、シャッター速度が遅くなり過ぎて手ブレしやすくなる点だけは注意してください。
ブツ撮りでは手ブレを抑える目的もありますが、ピントや構図を決めた状態でライティング条件を変えながら何枚か撮っていく…といったことをよくやるので、三脚があると何かと便利です。
マルチスイングアームを付けた三脚があると自由自在なアングルと撮影ポジションにセットできるんですが、テーブルと同じ高さにセットできるミニ三脚もブツ撮りでは重宝します。

最後に色味の調節ですが、光源そのものの色の偏り(暖色〜寒色)をカメラ側で補正することで、宝石の持つ本来の色合いを再現する機能が「ホワイトバランス」(WB)です。

infoボタン>iボタンを続けて押して「WB」を選んでOKを押すと光源の種類が選べます。
カフェの光源はタングステン光(電球色)だったので、電球を選んで撮ってみると、それまで黄ばんでいた色味がニュートラルな発色に変わりましたよね。
新着レッスンノート

体験レッスンお疲れさまでした。 昨年3月にα6400を購入して以来、今まで独学で写真を学んできたということですが、拝見した作品は高い感受性・感性に裏打ちされたもので、着目した視点にも独自性が感じられます。 画作りのオリジナリティーとフェイクを見分ける審美眼も既にお持ちのようで、 「良...

体験レッスンお疲れさまでした。 お仕事で今まで同行のカメラマンに任せていた撮影をご自分でもする必要が出てきたということで、人生初のレンズ交換式一眼カメラとなるX-T30とXC15-45mmを購入されたとのこと。 「ジャケ買い」とのことでしたが、昨年の4月に熟慮の末に自分が選んだのがX-...

レッスンお疲れさまでした。 今回は画像仕分けソフト「Photo Mechanic」(以下[PM])のインストールから写真データの読み込み、画像の仕分け作業、LR Classicと連携させて現像対象データを渡すまでを、実際に操作しながらレクチャーしました。 ◎ [PM]による写真デー...

レッスンお疲れさまでした。 今回はTopaz Labsの3つの画像復元ソフトDeNoise AI(以下[D]),Sharpen AI(以下[S]),Gigapixel AI(以下[G])のデモを中心にレッスンを行いました。 共通するのは「不可逆」な(元に戻せない)方向に劣化した画像...

レッスンお疲れさまでした。 ① Lightroomで削除するつもりのない画像ファイルを誤ってゴミ箱に捨ててしまったとのことで、デスクトップになんとか移し替えることはできたものの、そこから復旧するやり方が分からないとのことでした。 復旧の手順は以下の通りになります。 1. 画像ファ...

レッスンノート ページ先頭へ