サイタ趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 体験レッスン「撮影旅行準備」

体験レッスン「撮影旅行準備」

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お仕事帰りの写真体験レッスンお疲れ様でした。
また、早速、写真レッスンご入会ありがとうございます。

今回、デジタル一眼レフを新たに購入され、週末よりロシアをご旅行時
に使用されるとのことで、急遽レッスンを受けられたとのこと。

ご旅行が迫っているため、まず今回はAUTOでカメラに慣れていただき
キッチリとご旅行の写真を撮っていただくことを目的に体験レッスンを
進めました。

ご旅行から帰られたら、露出モード含め、撮影の意思によって変えて
行くためのレッスンを行います。

例:A(絞り優先)モードでの撮影他

1)購入されたNIKON COOLPIX B700の取り扱い、および機能の説明
 ①レンズ
  焦点距離は超広角から超望遠(1400mm)までの
  ZOOMで、景色から、より遠くの被写体まで撮影可能です。
  今回、ほとんどの被写体はこのレンズで撮影可能です。

2)露出について
 露出は絞り、シャッタースピード、ISO感度の三つの要素で
 決まります。
 今回はAUTOですので、全てカメラがやってくれます。

3)ホワイトバランスについて
 撮影する光源によって、画像の色が変わってきます。
 白い紙を色々な色の光源で撮影した例に説明いたします。
 白い紙が、白く写るようカメラに設定すれば、他の黒、
 全ての色が、正常の色に再現されます。
 これが、カメラのホワイトバランス設定です。

 ①太陽光の場合、太陽光のホワイトバランスに設定すると
  白い紙が正常に白く写ります。

 ②太陽光のホワイトバランス設定で、赤い電燈光下で白い紙を写すと
  黄赤に写ります。
  この場合は、ホワイトバランスを電燈光マークに設定すると
  白い紙が白く写ります。

 これが、デジタルカメラにホワイトバランス設定になります。

 今回はホワイトバランスもオートになっていますので、ほとんど
 すべての色の光源下で、白い紙は白く再現されます。

 オートホワイトバランスの欠点として、朝焼け、夕焼けが白く
 補正され、赤い朝焼け、夕焼けの特徴が出ません。

 今回、Aモードにし、ホワイトバランスを曇りマークにすると
 より、黄赤に表現され、朝焼け、夕焼けの雰囲気が再現されることを
 実写で説明させていただきました。

4)ピントについて

 ほとんど、99%はオートフォーカスでピントが合いますので
 カメラ任せで結構です。

 取扱い説明、カメラの機能の基本的な内容についてお話しました。

 ご旅行前に、実際に撮影実技で確実に撮影できるようレッスンを
 させていただきます。
 
このレッスンノートを書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

ヨコヤマ写真スクール
横山明 (カメラ)

高槻・茨木・千里丘・岸辺・吹田・新大阪・梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta