サイタ趣味の習い事カメラ教室 大阪 ヨコヤマ写真スクール レッスンノート 「着物撮影レッスンⅡ 小物撮影」

「着物撮影レッスンⅡ 小物撮影」

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

着物撮影レッスン 2回目 お疲れ様でした。

本日は、着物の小物類の撮影のライティングと
次回のモデル撮影のライティングの仮設定を
2時間にわたり、撮影実習を含めを行いました。

小物撮影ではドーム型の撮影BOXを購入され、2灯の同一のライトで
光が均一になるようライティングを行い、草履他を被写体に
撮影してみました。

今回の撮影のポイントについて、列記しますので
次回撮影時には参考にしてみてください。

<小物類の撮影>

1)ドーム状の撮影BOXを組み立て、両サイドに
  ライトを設置します。

  光が均一に回り、商品がより忠実に再現されます。

  ライトをより軟らかくするには、ライト前面に
  トレーシングペーパー等の拡散板を入れると
  いいでしょう。
   
2)カメラ設定
  
  ①ホワイトバランスは、AUTOに設定。
   次回、マニュアルホワイトバランスの設定を
   お話しします。
   マニュアルホワイトバランスを設定することにより
   現在使用のライトにあったホワイトバランスが取れ
   色再現がより忠実になります。

  ②撮影モードは、A(絞り優先)モードで、f8~f11まで
   絞り込んでください。
   すべてにピントを合わせるためには、F11以上の絞りが
   必要になる場合がありますが、テスト撮影で絞り値を
   決めます。
   画質を考えるとf16以上は絞らない方がいいです。

   逆に背景をぼかす場合はf値を小さくしてみましょう。  

  ③ISO感度はISO100-400の間で設定してください。
   ピントを全面に合わすために、絞り込む必要が
   出てきますので、ISO400でまず撮影してみてください。

  ④三脚は使用してください。

3)露出補正
 背景は白バックでの撮影が多いとのことで、被写体が
 暗くアンダーになる傾向です。
 
 背景によって露出がアンダー(暗くなる)、オーバー(明るすぎ)に
 なる場合は、露出補正により明るさを補正してください。

4)レフ版の使用

 主に商品の暗く写った部分を、白い紙等の反射板を置き
 反射により、明るくする方法です。
 レフ版は白い発砲スチロールの白い板を購入し、簡単に
 作れますので、自作して使用してください。

 <人物撮影のライティング準備>

 29日に袴の人物撮影を行うとのことで
 撮影場所とライティングについて準備と説明を行いました。

 ライティングは今回、2灯によるライティングになります。

 一灯をメインライトで、斜め45°より当て、補助光を
 前面より一灯当てるライティングです。

 人物を撮影する基本ライティングになります。

 今後、もう一灯購入され、頭上TOPより光をあてると
 より、髪の毛の質感、肩のラインが出て、立体感が出てきます。

 次回、また撮影しながら説明します。    ヨコヤマ


   

  
新着レッスンノート

本日から本レッスンに入りました。 写真の基礎を学ぶことにより写真の楽しみが 益々増して来ますね。 体験レッスンよりオートモードから脱却し、絞り優先(A)モード で撮影していただきました。 絞り優先モードは大分慣れたと思います。 このモードでずっと撮り続けてください。 ...

自社スタジオ立ち上げ、ストロボ導入後、前回は 無線コマンダーによるストロボのコントロールと 条件設定および人物撮影のライティングと撮影について レッスンを進めました。 今回は、成人式の晴れ着に付随する草履、バック等の 小物類の撮影です。 いわゆる、物撮りのレッスンですね。 ...

体験レッスンご参加ありがとうございました。 いかがでしたか。 また、早々写真教室にご入会ありがとうございます。 新たに一眼レフデジタルカメラを購入され、これから 本格的に写真を撮られるとのこと。 写真をご趣味として取り組まれることは、心身ともに いいことです。 是非マスタ...

本日は星空の画像の画像処理についてメーカー純正RAW現像ソフトを 使い補正、現像し、仕上げりを確認しました。 天の川を6月に撮影の画像で、色温度調整、明るさ、コントラスと 彩度調整等と行いましたが、イメージとする画像には至りません でしたので、純正ソフトである程度補正し、最終的にP...

体験レッスンお疲れさまでした。 ボランティアの仕事をされ、ボランティアの 資料作りに写真の重要性を感じ、写真の上達をし、 ボランティアの重要性を伝えて行きたいとのこと。 伝える資料の中で、伝わる写真1枚みればその文書の 内容が一目で伝わります。 まさに「百聞は一見にしか...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta