サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 楽しい!優しい! ひかり写真講座 レッスンノート 露出の関係性Ⅱ

露出の関係性Ⅱ

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。露出を構成する要素は、S速度、絞り、ISOでしたが、その関係性についてはご理解頂けましたでしょうか。例えば絞りがF8固定で1/125、ISO:100の時、もう少しS速度を稼ぎたいとします。このような時は絞りを開けるか、ISOの感度をUPするかの選択になりますが、絞りを優先したい被写体の時は必然的にISOの感度UPになります。理論的にはISO:100⇒200にすると、S速度は1/250で切れることになります。さらに400にすれば1/500でシャッターを切れることになります。(実際には被写体を測光する場所や明るさにより若干前後する場合があります)手持ちの際は無論、三脚を使用している場合でも、特に意図的なものがないのであればシャッターは早め早めで切った方がよりシャープな写真になります。ただ感度を上げる際に注意して欲しいのは、感度UP=画質低下が起きるということです。これは数値そのものより、センサーの性能如何ですので同じ1600でも許容範囲の事もあればそうでない場合もあります。またPCモニターで見る場合と紙にプリントした場合でも違ってきます最終的にどんな表現をするのか、また一度紙(写真専用紙)にプリントし、ご自身で感度の許容範囲を決めておくと良いと思います。

止まっているものであれば被写体ブレの心配はありません。一度虫に見立てた小さなものを絞りを変えながら、同じ撮影距離、焦点距離、画角、構図で撮ってみてください。できれば三脚で固定した方がより正確です。これにより前後のボケ方違いがわかってきます。
このレッスンノートを書いたコーチ

出版社出身。人物、夜景、モータースポーツ写真まで幅広く相談OK

新着レッスンノート

露出に迷う事はよくあります。 思ったイメージより暗かったり明るかったり。でも極端なオーバーやアンダーでない限り最終的には撮影者の好みになります。 思ったり暗くなるというのはまさに光量不足ですから、他のライティングがない状況下での対策としては、S速度を落とす、絞りを開ける、iso感度をア...

何かを撮影するのは、そのものや、事に興味や関心をひかれた時が多いですが、最初にテーマを持って撮影するのも面白いものです。 そのテーマも、事物あけでなく、季節や状況、人の感情や想いなどを切り口にすることでイメージも膨らんできます。 例えば、今の季節であれば『夏』をテーマにする事ができ...

お祭りなどの催事では様々な制約があるなかでの撮影が多くなると思います。 まずそのポジション。一ヶ所にとどまり撮影を続けるのか、移動しながら追従して撮るのか…  いずれにせよここでも露出の決め方には悩むものです。日中の明るい間なら良いのですが、夜間のお祭りは雰囲気も出る反面、条件的には厳...

今回はISOの感度をさらにUPする為の設定でした。 通常の最大設定では32000ですが、H1で51200 H2で102400までUPすることが可能です。手持ちで発光ができない状況時などには有効な手段です。 ただ、繰り返しにはなりますが、感度をあげれば上げるほど画質にザラツキが目立ってき...

お持ちのカメラには3パターンのドライブモードがあります。 ひとつはワンショットAFと呼ばれるもの。これは基本となるポピュラーなドライモードで、止まっている被写体を撮る際に向いています。被写体にピントを合わせシャッターボタンを半押しでピントが合います。一度ピント合わせ判押し状態を維持すればフレ...

レッスンノート ページ先頭へ