サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 楽しい!優しい! ひかり写真講座 レッスンノート ISO(感度)

ISO(感度)

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。ISOご理解頂けましたか?最初にお見せした写真でもおわかりのように、感度を上げるとS速度は稼げますが画質が顕著に低下します。昨近は『スマホで撮ってスマホで見るだけ』の場合も多いですがあの小さな画面では画質の差は殆どわかりません(お見せしたタブレットの写真のように)スマホやデジ一も含め、モニター上では綺麗に撮れているのにプリントしてみたら粗い甘い画質になっているのは殆どが高感度によるザラツキ、スローシャッターによる手ブレ、フォーカス位置の違いによるピンボケです。せっかく良い一眼を購入されたのですから、せめてA4位まで引き延ばしてプリントすることを前提で撮ってみてください。となると、必然的に低感度よりで撮ることが前提になります。画質の許容範囲は個々にあるので、一度同じ被写体を露出(S速度、絞り、ISO)を変化させながら撮ってみてください。そしてプリントしてご自身の判断基準を決めておきましょう。今回、Tvモード⇒Av⇒Mと一気に進みましたがマニュアルの理屈もご理解頂けたと思います。カメラにつているシーン別モードには特別な万能機能が付いているわけではなく、全てS速度、絞り、ISOの変化をカメラ側で判断して設定しているだけなのです。マニュアルが理解できれば撮影の幅が一気に拡がりますから、ダメ元で何でも撮影してみてください。『何秒以下が手ブレしやすい』(手ブレ補正機能を解除、焦点距離にもよる)とか、『このぐらいの天気の日は絞りがいくつでISOがいくつだと1/〇〇〇秒で切れるとか、経験を積むことで体感的に覚えてきます。大事なのはシャッターを切る前、ファインダー内の数値(S速度、絞り、ISO)をしっかり確認して撮ること。そして撮影後も撮影データを検証することです。今はフィルム時代にはあり得なかった事が可能です。失敗を恐れずどんどんシャッターを切りましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

出版社出身。人物、夜景、モータースポーツ写真まで幅広く相談OK

新着レッスンノート

他の人と同じ景色や被写体を撮っているのに『何か違うな~』と感じた事はありませんか?もちろんカメラも違えばレンズ、露出等々、それぞれが違うのですから同じように描写されるわけはないのですが… ではなぜ人は被写体にレンズを向けるのでしょうか。様々理由はあります。 業務的に必要性がある場合、観...

HDRについてのおさらいです。 様々な写真を撮る際、特に明暗差が大きい被写体は明るい所と暗い所の差が極端に出てしまう場合があります。ある部分がちょうど良い明るさなのに、ある部分は極端に暗かったり明るかったり…  そのどちらかに露出を合わせると一方が黒つぶれや白とびしたり… カメラ...

レッスンお疲れ様でした。前回撮影した写真を改めてみていかがでしたでしょうか。ほぼ同アングルに見えるものでも、ちょっとの差で全く別の写真にみえたと思います。今回は花が中心でしたが風景や人物でも同じことが言えます。シャッターを切った時は全く気づくことがなかったものが写り込んでいたり、反対にフレーム...

レッスンお疲れ様でした。本日も内容が多岐にわたりましたが、旅先でのスナップについてお話します。今回は三脚は持参されますか?旅先ではスナップを初め、風景、人物、食べ物、建造物等々、様々な要素の写真が撮れます。無論、脚を立て、時間をかけて撮影できれば良いのですがご家族や移動スケージュールもあります...

本日は内容が多岐にわたりましたが、ピクチャースタイルについてお話します。6Dの場合、基本的には7つの選択肢があります。それぞれに特長がありますが、基本はシャープネス、色の濃さ、コントラスト、色あい、フィルター効果、調色を変化させることで仕上がりを変化させています。また、任意での数値でお好みの設...

レッスンノート ページ先頭へ