サイタ趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 露出について

露出について

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。露出を構成する要素にはシャッター速度、絞り、そしてISO(感度)がありました。その中でS速度と絞りは重要です。ちょっとおさらいしてみましょう。まずS速度、これは文字通りシャッターが開いている時間の事です。人間の目は0.5秒でも10秒でも、目を見開いている間は見えているものの明るさは変わりませんよね。でもS速度はその開いている時間が長いとセンサーがどんどん光を吸収してしまいます。(撮影した画像が白くなってましたよね)反対にS速度が短いと光の吸収が少なく暗い写真になってしまうわけです。また明るさを左右するだけでなく、被写体の動きを止めたり、動きを表現することができるのもS速度によるものです。通常手持ちで撮影する場合、意図的なものがないのであれば早め早めのS速度で切るに越したことはありません。スローシャッターになるほど手ブレや被写体ブレのリスクが増えてきます。手ブレを起こさない為の目安の速度設定がありますので、これは次回にでもお伝えしようと思います。

次は絞り。これはレンズに開いている穴のことでしたね。これを大きく開いたり小さくすることで光を取り込む量をコントロールするわけです。穴が大きい程短時間で多くの光を取り込む事ができます。同時に絞りは描写の変化を左右します。『被写界深度』覚えていますか?ピントの合う範囲のこと。絞り込む(穴が小さい)ほど被写界深度は深くなり、手前から奥にわたりシャープに印象になってきます。逆に開く(穴が大きい)ほど深度は浅くなり、被写体前後のボケ味が強くなってきます。

これはどちらが正解というわけではありませんので、どう表現したいかにより調整しましょう。この際、絞り込むほどS速度が遅くなりますのでやはり手ブレには注意が必要です。

S速度と絞りは、どう表現したいかと同時に、撮影環境下の明るさにより左右されます。日中の晴れた屋外で問題無く撮れたものが、屋内のうす暗い場所ではスローシャッターになり手ブレしてしまうことはあり得ることです。この場合の対応策としてISOの感度UPがあります。次回はISOについてレッスンしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

出版社出身。人物、夜景、モータースポーツ写真まで幅広く相談OK

レッスンノート ページ先頭へ