サイタ趣味の習い事カメラ教室 神奈川 ほのぼの写真塾 レッスンノート 露出・絞り・シャッタースピードの役割

露出・絞り・シャッタースピードの役割

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

ほのぼの写真塾の村松です。
レッスンお疲れ様でした。
今日は本レッスン初日、まずは露出(光の量)の決め方についてお話ししました。絞りとシャッタースピードの組み合わせによって光の量が決まり、最適な明るさに写す光の量を適正露出といいます。そのほかにもう一つ光の量を決めるためのパラメータとしてISO感度がありこれは光に対するセンサーの感受性を表していてトータル的に露出(最適露出)は、しぼり、シャッタースピード、ISO感度の3つのパラメータにより決定されることを学びました。
さらに絞り、シャッタースピードには露出を決める役割のほかに作画上必要な効果がある事もわかってきました。
絞りを絞る(F値を大きくする)と背景はシャープになりはっきり写ってきます。反対に絞りを開ける(F値を小さくする)と背景はぼけてきます。
撮影実習として絞りを変化させて同じところを撮影してみましょう。
絞りの値によって背景のぼけ方の違いを認識しましょう。
新着レッスンノート

ほのぼの写真塾の村松です。 本日は体験ということで、デジカメとして重要な機能の一つである”ホワイトバランス”についてレクチャーさせていただきました。 本レッスンからは、撮影の基本中の基本である露出の設定から始めていきます。

ほのぼの写真塾の村松です。 レッスンお疲れさまでした。 今日は撮影の基本である露出について学びました。 露出を決定するパラメータは、絞りとシャッタースピードですが(ISO感度も露出に関与しているが)絞りとシャッタースピードは、露出を決める役目だけではなく作品作りに大きく関係していることも...

ほのぼの写真塾の村松です。 体験レッスンお疲れさまでした。 体験ということで、デジカメとしての機能で多くの人が誤解して覚えているホワイトバランスについて正しい理解をしていただきました。 理屈が良く分かったと思います。理屈がわかったらどうしたら使いこなせるかがわかります。これが応用です。

ほのぼの写真塾の村松です。 本レッスン初日ということで撮影の基本からレッスン予定でしたが、撮影された写真を拝見させていただき、その写真の撮り方等についての質問にお答えする形となってしまい撮影の基本の話よりどちらかというと先を急ぐあまり応用面の話が中心となってしまいました。 しかし応用でも露...

ほのぼの写真塾の村松です。 今日は体験ということでデジカメの基本機能であるホワイトバランスについてレクチャーさせていただきました。 本レッスンから撮影の基本からレッスンしていきたいと思います。

レッスンノート ページ先頭へ