サイタ趣味の習い事カメラ教室 群馬 誰でも撮れるカメラ教室 レッスンノート 室内撮影

室内撮影

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日も暑いなか熱心な受講お疲れ様でした。

室内撮影で明暗が激しく写ってしまう・・・
ストロボの性能がまず考えられます。
光の届く範囲が当然制限されますので届かないところは暗くなってしまいます。

理想は高性能なストロボを使用し、光源(ケルビン値【K】)の設定も振り分けが可能なものですと色温度も自在に操れます。
更にバウンス撮影により柔らかな光で表情も豊かに表現可能です。(天井や壁が白っぽいものならば良いですが暗い色合いですとあまり効果がないでしょう~)

また純正レンズでないと周辺は暗く写ってしまいます。(開放での撮影はどうしても周辺が暗くなりがちですが純正レンズは修正機能があるものが多いです。)
それと1/200~1/250以上のシャッタースピードになるとシャッター幕が早くなりすぎて半分暗く写ってしまう現象も出てしまいますから高性能な明るいレンズを使用する場合はF1.8からF5.6くらいにしてISO感度も100から50に下げるて撮影するとかの工夫をしていかないと厳しいですね~

ならば現在のデジタル一眼レフカメラは、フラッシュなしでの撮影が通常綺麗に仕上がります。

絞り優先で開放、ISO感度は100ベースで6400上限のオート設定【手動で3200や6400 、8000などに設定も可】、WBはautoにとりあえずしてピクチャーコントロールはポートレートで露出補正を段階別に設定しながら明るさ調整していきます。
その時大切なのは被写体に明暗が激しい場合には測光設定ですが、スポット測光ですとちょっとずらしただけで明るさがかなり変化してしまいますから中央部重点測光や距離が遠い場合は平均(評価)測光などの方が安定した撮影が可能となります。

ちなみにHDRは多重露光による諧調拡張でアクティブDライティングはデジタル処理により諧調を広げるので状況により使用してみても良いでしょうが違和感を感じる場合もあります。

是非今後も頑張ってより一層素晴らしいものを撮影していって下さい。
このレッスンノートを書いたコーチ

富士山に魅了され写真集も発行!理想の一枚を撮るための技術をとことん伝授

新着レッスンノート

本日も熱心に受講されてお疲れ様でした。 さて、バルブ撮影時のノイズを軽減させるメニューを「入」or「切」どちらが良いか?考え方の相違によりますが、私はすべて「切」にして撮影します。 理由は、①撮影後同じ時間キャンセラーが作動し待っていなければならず、次の撮影が直ぐに行えないというこ...

本日も難しい課題で回答に手こずり申し訳ありませんでした。 前回から花火撮影でのPointをレッスンしてきましたが、その他の課題がでてきましたね~ リモコン操作は、A:①瞬時撮影と②ミラーアップ撮影の切り替えがメニューからセットでしたね・・・また、B:フォーカスはAFが難しい状況ですからマニ...

本日も御熱心な受講お疲れ様でした。 今日は、今までの総復習と細かなメニュー設定についてレッスンしました。 ①撮影モード:f値決定②ISO感度:固定orオートでも上限設定③WB(Kケルビン値の意味 注意:カメラ側の設定が白熱電灯や蛍光灯を選択すれば青っぽく写るのではありません⇒光源に対するカ...

本日も熱心な受講ありがとうございました。 花火撮影 ①Mマニュアルからバルブにセットf11 ②ISO感度100に固定 ③WBは好みで(夜空を黒っぽく「和」の花火=太陽・青っぽく「洋」の花火=白熱電灯や蛍光灯:オートは太陽に近くなります) 更に余裕があれば、コマンダーの右を押すとWB補...

本日も熱心な受講お疲れ様でした。 後幕シンクロ撮影についてですが、その前にストロボも様々存在し(LEDやケルビン値を変更可能なもの)最近では常灯撮影や常灯LED(ルーメン=明るさ設定変更可能なものも)やISO感度の進歩により(高感度でもザラツキがなく)撮影方法も変化してきています。 で...

レッスンノート ページ先頭へ