サイタ趣味の習い事カメラ教室レッスンノート AFの設定(フォーカスロック)

AFの設定(フォーカスロック)

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした。
本日も多岐にわたってレッスンでしたがいかがでしたか。

最初の『合わせたい場所にピントが合わない』これはカメラ本体の設定の問題です。いわゆるカメラ任せのオートモードなどにしておくと、意図しない場所にピントを合わせてしまう場合があります。ありがちなのが、『手前の物や人物の顔に合わせてしまうこと』です。今日の段階では顔を認識するモードに設定されていました。そんな時はオートモードを解除してあげて自分の好みの位置に設定できるモードに切り替えた方が好きな場所でピントを合わせる事ができます。

予め構図が確定できる被写体であればフレーミングを決めてからピント位置を調整しても良いのですが、スナップ撮影などはかえって煩わしく感じる時があります。こんな時便利なのが『フォーカスロック』という機能。撮りたいものにシャッター判押しでピントを合わせ、そのまま構図をずらすという方法です。これであれば概ね思い通りの写真を撮ることが可能です。旅先などで背景の景色を入れ記念撮影をしたい時などは便利です。気を付けて欲しいのは、撮影距離が極端に短い場合や焦点距離が長いレンズを使用す場合、若干ピント位置がズレス場合があります。可能な限り広角側を使い、絞って撮ることを心がけてください。

これはレンズのメーカーや種類にもよって異なってきますので、具体的に『F〇〇ならOK』というわけではありません。ましてやスマホなどの画面で見ている以上その差はわかりにくいものです。PCのディスプレイでなるべく拡大してみると差がわかります。できればA4サイズにプリントしてみましょう。

手持ちでも三脚を使用しても、まずはピントを撮りたいものにしっかり合わせ、手ブレを起こさないS速度を維持することを意識してください。

最後のひまわりの撮影の際にも、シャッターを押す前に考える事が結構ありましたよね。レンズの焦点距離によっても写り方がまったく違っていましたね。どちらの善し悪しではく描写が違ってくるといことを覚えておいてくださ。
このレッスンノートを書いたコーチ

出版社出身。人物、夜景、モータースポーツ写真まで幅広く相談OK

レッスンノート ページ先頭へ