サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 楽しい!優しい! ひかり写真講座 レッスンノート AFの設定(フォーカスロック)

AFの設定(フォーカスロック)

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

お疲れ様でした。
本日も多岐にわたってレッスンでしたがいかがでしたか。

最初の『合わせたい場所にピントが合わない』これはカメラ本体の設定の問題です。いわゆるカメラ任せのオートモードなどにしておくと、意図しない場所にピントを合わせてしまう場合があります。ありがちなのが、『手前の物や人物の顔に合わせてしまうこと』です。今日の段階では顔を認識するモードに設定されていました。そんな時はオートモードを解除してあげて自分の好みの位置に設定できるモードに切り替えた方が好きな場所でピントを合わせる事ができます。

予め構図が確定できる被写体であればフレーミングを決めてからピント位置を調整しても良いのですが、スナップ撮影などはかえって煩わしく感じる時があります。こんな時便利なのが『フォーカスロック』という機能。撮りたいものにシャッター判押しでピントを合わせ、そのまま構図をずらすという方法です。これであれば概ね思い通りの写真を撮ることが可能です。旅先などで背景の景色を入れ記念撮影をしたい時などは便利です。気を付けて欲しいのは、撮影距離が極端に短い場合や焦点距離が長いレンズを使用す場合、若干ピント位置がズレス場合があります。可能な限り広角側を使い、絞って撮ることを心がけてください。

これはレンズのメーカーや種類にもよって異なってきますので、具体的に『F〇〇ならOK』というわけではありません。ましてやスマホなどの画面で見ている以上その差はわかりにくいものです。PCのディスプレイでなるべく拡大してみると差がわかります。できればA4サイズにプリントしてみましょう。

手持ちでも三脚を使用しても、まずはピントを撮りたいものにしっかり合わせ、手ブレを起こさないS速度を維持することを意識してください。

最後のひまわりの撮影の際にも、シャッターを押す前に考える事が結構ありましたよね。レンズの焦点距離によっても写り方がまったく違っていましたね。どちらの善し悪しではく描写が違ってくるといことを覚えておいてくださ。
このレッスンノートを書いたコーチ

出版社出身。人物、夜景、モータースポーツ写真まで幅広く相談OK

新着レッスンノート

露出に迷う事はよくあります。 思ったイメージより暗かったり明るかったり。でも極端なオーバーやアンダーでない限り最終的には撮影者の好みになります。 思ったり暗くなるというのはまさに光量不足ですから、他のライティングがない状況下での対策としては、S速度を落とす、絞りを開ける、iso感度をア...

何かを撮影するのは、そのものや、事に興味や関心をひかれた時が多いですが、最初にテーマを持って撮影するのも面白いものです。 そのテーマも、事物あけでなく、季節や状況、人の感情や想いなどを切り口にすることでイメージも膨らんできます。 例えば、今の季節であれば『夏』をテーマにする事ができ...

お祭りなどの催事では様々な制約があるなかでの撮影が多くなると思います。 まずそのポジション。一ヶ所にとどまり撮影を続けるのか、移動しながら追従して撮るのか…  いずれにせよここでも露出の決め方には悩むものです。日中の明るい間なら良いのですが、夜間のお祭りは雰囲気も出る反面、条件的には厳...

今回はISOの感度をさらにUPする為の設定でした。 通常の最大設定では32000ですが、H1で51200 H2で102400までUPすることが可能です。手持ちで発光ができない状況時などには有効な手段です。 ただ、繰り返しにはなりますが、感度をあげれば上げるほど画質にザラツキが目立ってき...

お持ちのカメラには3パターンのドライブモードがあります。 ひとつはワンショットAFと呼ばれるもの。これは基本となるポピュラーなドライモードで、止まっている被写体を撮る際に向いています。被写体にピントを合わせシャッターボタンを半押しでピントが合います。一度ピント合わせ判押し状態を維持すればフレ...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta