サイタ趣味の習い事カメラ教室レッスンノート ストロボ実習、bridgeの使い方

ストロボ実習、bridgeの使い方

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もレッスンお疲れ様でした!

最初に、クリップオンストロボを使って撮影してみました。
直に被写体に向けて、天井にバウンスさせて、アクリルのディフューザーをつけて、白い紙でディフューズして、など、光の質の違いをみていきました。
室内や屋外、撮影条件に合わせて、ストロボの足し方も変えて行くといいかと思います。
シャッタースピードと感度がオートのままだと、明るさ調整がバラバラしてやりにくいので、はじめにストロボ無しでオートで撮ってみて、その数値(シャッタースピードと感度)をマニュアルで設定し、ストロボの調光を使うとわかりやすいかと思います。

パソコンで、Bridgeの使い方もみていきました。
閲覧管理がしやすいソフトです。
フォルダ、フィルタ、コンテンツ、プレビュー、メタデータ、などのウインドウが配列されていて、ウインドウの大きさや配置は自由に変えることが出来ます。
レートをつけたり、プレビューで部分を拡大してみたり、データの移動や整理をしたり。
ファインダーでは見られなかったRAWデータも、画像として見ることができます。
RAWデータをダブルクリックすると、Photoshopが立ち上がり、cameraRAWウィンドウがひらきます。
ここで、現像作業をします。
調整を加えたら、「画像を保存」することで、新たな写真データを作る事ができます。

次回は、現像保存についてもう一度みていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ