サイタ趣味の習い事カメラ教室 奈良 感性で撮る!写真講座 レッスンノート まずは、ボケの調整と光の調節から始めましょう!

まずは、ボケの調整と光の調節から始めましょう!

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした。

今日は絞りを扱っての背景のボカし方と
ダイヤルを使っての明るさの調整の事を
お話ししました。

まずは、いつものオートのポジションから
Aモード(絞り優先モードへと変更しました)
こうすれば、絞りはダイヤルの上下で調整出来ました。

背景をぼかすには、通常絞り値(Fで表される数値)を出来るだけ小さくする…、
お持ちのレンズですとF3.5とかF5.6(長い方のレンズ)になりますね。

でも、お話ししましたように、
ボケというのは、色々な組み合わせで変わってくるわけです。

○ モチーフの背景は出来るだけ遠い所まで抜けている方がボケる。
○ 自分がモチーフに近づいた方がボケる。
○ レンズは望遠側を使った方がボケる

等などです。

これを色々と組み合わせを考えながら、
そして、背景の色や光の具合を見ながら撮影するわけです。

最初は取りあえずオートで押さえを一枚撮っておいて、
余裕があれば絞りや背景との距離、
背景の良し悪しなどを見極めながら撮ってみましょう。

それに、光の調整まで出来る余裕があれば、
やってみましょう。
それが出来れば、作品は自分の色が出てきて…
どんどん変わってきます。

一度にたくさんの事をやるのは
時間がかかるけれど、
作品が変わっていくので面白くなってくるし、
プリントするのが楽しみになります!

是非、カメラに撮らせるのではなく、
自分のイメージを気持ちをカメラに伝えて、
自分の作品を撮ってきましょう。

そんなお手伝いができれば嬉しいです。

という事で
がんばりましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

音楽雑誌・女性誌・猫雑誌で活躍。あなたの写真をより美しく、より感動的に

新着レッスンノート

昨日は体験レッスンお疲れ様でした。 実践的な事は、体験レッスンでしたのであまり出来ませんでしたが、 自分がこう撮りたい!こんな表現がしてみたい! こういう気持ちが湧いてきたら、その時こそがミラーレス一眼レフに移行する時かなあ…と思います。 もちろん、コンパクトデジカメでも出来る...

体験レッスンお疲れ様でした。 さて、今日は実践はなく何となくイメージをお話ししただけになりましたが、 お料理やお菓子、もしくは物撮りをする場合は、 に、良い光 に、良い背景 に、スペースにあったレンズの選択も入ってくるかもしれませんね。 極端な話、自分からモチーフまで...

今日は秋の日差しが綺麗でした。 水面に映り込む木々の姿や、逆光で見る動物達の輪郭… そして、透過光で際立つ秋色の葉っぱ達…、 斜めから入る光に浮き立つ石仏の表情…等など。 美しい秋の光と風景(これぞ光景ですね!)を楽しめました。 光により表情を変えていくモチーフ達。 逆...

レッスンお疲れ様でした。 そして記入が遅れてしまい申し訳ありませんでした。 さて、今回は持ってきて頂きました小物の撮影の部分に関してお書きしますね。 鳥の素敵な焼き物でしたが、色調は渋いグレー系でした。 その鳥の焼き物をグッと生かすために まずは、緑の草をバックに撮影しました...

春の日差しの中、花を追いかけた今回のレッスンでした。 お疲れさまです。 まずは、境内の淡墨桜…。 春の日差しを受け、薄いピンク色の花を アップで撮影しました。 望遠ズームで撮影しましたが、 拘ったのは、やはり背景のセレクトでした。 モチーフは、一房に3つから5つほど付...

レッスンノート ページ先頭へ