サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート カメラの基本、光の話。

カメラの基本、光の話。

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

コンデジを持っていて、今までも撮ってはいたが、もっと上手く撮りたいとのことでしたね。
ほとんどオートで撮っていたとのことでしたが、どれもいい写真ばかりでしたよ(*^_^*)

写真は、カメラの設定ももちろんありますが、いい光を選び、いい瞬間にシャッターを押すことが、一番大切です。
最近のカメラはオートでほぼ不満なく撮れるのでは?と思うくらい、性能が良くなってきています。
まずはオートで、設定はカメラに任せて、自分はキレイな光を見極めること、シャッターチャンスを逃さないこと、に集中しましょう!

光の選び方ですが、被写体に当たる光や、影をよくみて、キレイに見える場所や方向を探しましょう。
たとえば、晴れた日の外で撮るならば。
ガッツリ直射日光が当たっていれば、影が強くでて、力強い印象になりますし、日陰や逆光で撮れば柔らかい印象になります。
室内の電気の光ならば。
被写体が、電気の真下に入ると目や鼻に強く影ができてしまいますが、少し後ろに下がってもらう事で影の感じが柔らかくなるかと思います。
どんな場所でも、光と影をよくみて、良いと思う場所と方向をいつもさがしてみてください。

もう1つ、フォーカスの設定で、サーボとコンティニュアスというのを、みましたね。
お子さんが動き回ってなかなかピントが追いつかないとき、サーボをオンにし、ピント位置をタッチで指定、シャッター半押しして良き時に撮る、というのを練習してみると、シャッターチャンスをしっかり掴めるようになるんじゃないかな、と思います!
練習と慣れは必要です、ぜひやってみてくださいね
(*^_^*)

最後にカメラの基本、シャッタースピード、絞り、ISO感度についてさらりとお話しました。
この仕組みがわかれば、もっとカメラが使いやすくなるし、もっとこんな写真が撮りたい、と思ったときに、どこをどう設定変えればいいかがわかるようになります。
撮った写真を再生するときに、DISP.ボタンでその数値を見ることができます。まずは数字をみて、その感覚に慣れていきましょう。
新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした! 今日は、カメラが写真を撮る仕組みから、お話しさせていただきました。 まずは露出から。 露出は、写真の明るさのことです。 ①シャッタースピード→動き(止まる、ブレる) ②絞り→被写界深度(背景がボケる、ボケない) ③ISO感度→ 粒子感(滑らか、ざ...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! ブーケの撮影をしたいとのことでしたね! お花の先生にAモードを教わったとのこと、補足説明をさせて頂きました。 Aモードは、絞り優先オートという、明るさを調整する3つの機構の中の『絞り』を自分で決めて、他はカメラに決めてもらう、というオートモード...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 陶芸の作品を撮りたいとのことでしたね。 カメラはまだ買って間もなく、使い方もこれからとのこと。 写真を撮る時に考えることは、 ①カメラをどう使うか ②光をどう選ぶか(太陽光?照明?) ③作品を置く場所(背景)をどうするか? です。 また、...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 写真を基礎から学びたいとのこと、基本の露出(シャッタースピード、絞り、ISO感度)についてはご自分で調べられていましたね! 露出とは、写真の明るさのことです。 シャッタースピード→動き(ブレる、止まる) 絞り→被写界深度(背景がボケる、ぼけな...

本日は体験レッスンお疲れ様でした! 普段オートで撮られていて、イマイチ、と思うことが多かったとのことでしたね。 まずは、カメラの基本から説明させていただきました。 カメラにはいろんなモードがありますが、上部ダイヤルは露出をどう決めるかの選択ダイヤルです。 露出とは明るさのこ...

レッスンノート ページ先頭へ