サイタ趣味の習い事カメラ教室 大阪 カメラで楽しむ「はんなり」写真塾 レッスンノート ピントとボケのコントロール

ピントとボケのコントロール

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れでした。朝から寒い雨でしたし少し遅刻してしまって申し訳ありませんでした!

今日も前回の続きで「写真のピントとボケのコントロール」についてお話しました。前回の「露出」と共に写真上達のキモです(笑)おさらいだけしておきましょう。

Ⅰ.ピントは面で合うということ・・・・・
ある物体にピントを合わせると、ピントが合っているのはその物体だけだと勘違いしがちですが、実はその物体を含む面(レンズ光軸に直角な薄い円盤を想像してください)の全てにピントが合っているんです。不思議でしょ(笑)
つまり、レンズでピントを前後させると面全体が前後するということですね。
それに、カメラの角度が変わるとその分だけピント面も傾きますので注意が必要です。
これを応用すると、カメラの角度や方向を変えることによって、ピントをコントロールすることが可能です。また、何も無い空中にピントを合わせることも出来ますね(笑)

Ⅱ.奥行き方向のピント(被写界深度)について・・・・・
写真を六つ切りサイズ(203㎜×254㎜ですが、B5サイズに近いです)で見たときに、ピントを合わせた被写体を挟んで前後にもピントが合っている様に見える部分(奥行き方向です)が有り、その奥行きのことを被写界深度といいます。つまり前述の円盤の厚みと考えてください。
被写界深度はピントを合わせた被写体を挟んで凡そですが、手前1対奥側2くらいの割合です。
深度を外れた部分は、写真ではボケとして表現されますので、深度のコントロールはボケ味のコントロールと言い換えても良いでしょう。
【絞り値・カメラと被写体との距離・使うレンズの焦点距離(広角か望遠か)】・・・の三つの要素を微妙に組み合わせて希望の深度で撮影します。資料の作表の部分を参照してください。少し難しいテクニックですが、これ無くしてクリエイティブな写真は撮れませんし、マスターしたら写真のレベルは格段にアップします。

Ⅲ.タイムラグ・・・・シャッターを押してから実際に写るまでの時間差をいいます。カメラがメカである以上、時間の遅れはゼロにはなりませんが、それよりも大きい時間の遅れは人間の反射能力です。目で見てシャッターボタンを押すまでの生理的?遅れがバカになりません。練習で若干よくはなりますがゼロで無い限りは、遅れる分だけ早めにシャッターをきるしかありません。タイムラグとは仲良く付き合いましょう(笑)

Ⅳ.回折現象・・・・・
ワイドレンズを使って絞り込んで撮っているのに、何となくピントが甘いなー、なんてことがあります。絞り込むことによって被写界深度は深くなりますが、絞りの小さな穴を通る光の屈折によりピントが甘くなります(被写界深度が浅くなるのではなくて、全体的にシャープなピントが得にくいということです)レンズにも拠りますが広角でf16以上に絞ったときに顕著な様です。

前回と今回でカメラに関する理屈っぽいお話は終りです(笑)次回は構図などについて解説します。
新着レッスンノート

レッスンお疲れでした。17時頃に12℃の気温で風が無かったので寒さもマシでしたね。 今日は大阪中之島の「光のルネサンス」と題したイルミネーションを撮影しましたが、ISO感度を1600くらいに上げると三脚無しで手持ちでの撮影が可能でした。 イルミネーションは点光源の集合ですから、僅かでも...

レッスンお疲れ様でした!寒さは少しマシでしたがやはり冬は冬ですね(笑)チビちゃんも最後まで良くお付き合いしてくれました。 今日の被写体は暮れの風物詩ともいえるイルミネーション!あちらこちらで行われていますが、やはり中之島の「OSAKA光の饗宴」はスケールも大きく、撮っていて楽しいイベント...

レッスンお疲れでした!イルミネーションの美しさで寒さを忘れましたね(笑) 年末恒例の「大阪光のルネサンス」と銘打った中之島公園でのイルミネーションを撮影しました。 イルミネーションは点光源の集合体ですから、僅かでもカメラぶれがあると点が線になって写ります。しかし今日は敢えて三脚を使用せ...

体験レッスンお疲れ様でした!金曜日にしてはカフェが空いていました(午前中だったせいも有るかな?) ご自身がネイルサロンを経営しておられ、お仕事としてネイルアートの写真をキチンと(色調や明るさをコントロールして)撮れるようになりたい!・・・とのご希望でした。 新しく購入されたカメラはオリンパ...

レッスンお疲れ様でした!急に寒くなりましたがこれで平年並みか(笑) 今日のレッスンは、これまでの撮影レッスン「中の島の秋バラ・三色彩道の紅葉」を拝見し「このままで十分良い写真と多少のレタッチを施せばいい写真になるもの」を選別しました。全体のショット数から考えても良い歩留まりになりましたね(笑...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta