趣味の習い事カメラ教室レッスンノート カメラの仕組みから。

カメラの仕組みから。

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

今までオートでしか撮っていなかったが、子供やお料理を撮るのに、もう少し詳しくカメラを学びたいとのことでしたね。

オートでカメラがやっていること
それは、明るさ、フォーカス(ピント)、色、などの設定です。

明るさのことを露出といいます。
露出は、シャッタースピード、絞り、ISO感度によって調整されています。
この3つは、カメラ共通、どのメーカー機種でも同じです。

シャッタースピード→動き(ブレる、とまる)
絞り→被写界深度(ピントが合う幅、深さ)
ISO感度→粒子感(なめらか、ザラザラ)
と、それぞれ写真にあらわれる影響があります。
カメラオートのシーンは、シーンを選ぶと、それに合わせてこの三つを最適に選んでくれる、というものです。

まずは、オートで撮ってみて、画像を再生した時に下に表示されるデータを見て、シャッターや絞り、感度の数字に注目してみましょう。
数字に慣れてきたら、次は、自分がどう撮りたいかに合わせて、モードを選び、数値を決めていきます。

露出は、撮るときの光の状況によって数値はさまざま、感覚を掴むまでは時間がかかりますが、撮れば撮るほど慣れていきますので、たくさん撮って慣れることからはじめていきましょう!
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta