趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 露出の話

露出の話

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

1歳になるお子さんを、キレイに撮ってあげたいとのことでしたね!
今までオートしか使っていなかったとのことでしたので、少しでもカスタムできるよう、まずは基本の露出のお話からさせていただきました。

露出とは、写真の明るさのことで、
シャッタースピード、絞り、ISO感度、によって決められています。
オートというのは、カメラがこの3つを、適正露出に決めてくれる事をいいます。
このみっつは、写真の明るさを調整するとともに、それぞれ特徴があります。

シャッタースピード→動き(ブレる、止まる)
絞り→被写界深度がかわる(背景がボケる、ボケない)
ISO感度→粒子感が変わる(なめらか、ザラザラ)

今日、おすすめした撮り方は、絞り優先オートAvです。
絞り値を自分で決めて、シャッタースピードとISO感度はカメラに決めてもらう、というものです。
絞りは、開放に近いほど背景はボケ、絞るほど深くピントが合うようになります。
どのくらい背景をぼかしたいか、を想像しながら絞り値を決めてみてください。
明るさが気に入らない場合は、露出補正ダイヤルで、明るくも暗くも設定できます。

駆け足でたくさんのことを説明しましたが、まずは今日の話を思い出しながら、撮ってみてくださいね。
シャッターチャンスを逃さないためには、カメラの操作に慣れることは必要不可欠です。
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta