趣味の習い事カメラ教室レッスンノート カメラの基本構造から

カメラの基本構造から

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

もうすぐ産まれてくる赤ちゃんを撮りたいとのことでしたね。

今までオートで撮っていたかと思います。
ミドリのカメラマーク(インテリジェンスオート)では、明るさも、ピントも、その他の設定も、全てカメラ任せです。
カメラ上部の露出モードダイヤルの中の、M、A、S、P、は、シャッタースピードと絞りの設定選択で、ピントやISO感度やその他の設定もカスタムできるというモードになります。

M→マニュアル(シャッタースピードも絞りも自分で決める)
A→絞り優先オート(絞りは自分、シャッタースピードはカメラが決める)
S→シャッター優先オート(シャッタースピードは自分、絞りはカメラが決める)
P→絞りもシャッターもカメラが決める

最初は、Pにして、ISO感度とフォーカスエリアのみカスタムしてみると、いいかもしれませんね。

慣れてきたら、Aモードで、絞り値を自分で選ぶのをぜひやってみてください。
絞りは、被写界深度(ピントが合う幅)を変えられます。
絞り値が小さい方(開放)が深度が浅く、絞り値が大きい方(最小絞り)が深度は深くなります。
撮るときに、背景をボカしたいか、 ぼかしたくないか、想像しながら絞り値を決めましょう。

今日は、カメラ設定の事ばかりお話しましたが、次回は構図や光のお話を出来ればと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta