趣味の習い事カメラ教室レッスンノート カメラの基本の説明から

カメラの基本の説明から

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

一眼レフカメラを購入されたばかりで、まだ使い方がイマイチ、とのことでしたね。
シーンを選ぶオートが使いやすそうな機種でしたね。

オートって、そもそも何をオートで設定しているのか?

カメラは、どのメーカー機種でも、写真の明るさ(露出)を決めるやり方は同じで、シャッタースピード、絞り、ISO感度、という三つのことを使って、現場の光の強さに応じて露出を決めています。
これら3つは、明るさの調整をすると共に、それぞれ写真の質に変化をもたらします。

シャッタースピード→動き(ブレる、止まる)
絞り→被写界深度(ピントの合う幅)を変える
ISO感度→粒子感(なめらか、ザラザラ)がかわる

シーンオートは、シーンに応じて絞りやシャッタースピードを最適に選んでくれる、というものになります。

露出とは別に、フォーカスの設定も、忘れずに見ておいてください。
背面十字ダイヤルで、フォーカスポイントが変えられます。ピントを来させたいところにポイントを選びます。エリアの設定で、どこまで範囲を広げてピントをひろうか、選ぶことができます。
フォーカスフルオートを選ぶと、狙った画角のなかで一番手前にあるものにピントを合わせるようになります。
お子さんの運動会や、スポーツ写真、静物写真、など、被写体によってフォーカスエリアやポイントを選ぶことをおすすめします。

たくさんのことを駆け足で説明しましたが、まずは、カメラを触って、慣れることからはじめましょう。

機能はたくさんありますが、必要なところだけを見極めて行けば良いと思います。
設定に追われてシャッターチャンスを逃さないよう、とにかく慣れてみてくださいね!
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta