サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート カメラの基本の説明から

カメラの基本の説明から

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

一眼レフカメラを購入されたばかりで、まだ使い方がイマイチ、とのことでしたね。
シーンを選ぶオートが使いやすそうな機種でしたね。

オートって、そもそも何をオートで設定しているのか?

カメラは、どのメーカー機種でも、写真の明るさ(露出)を決めるやり方は同じで、シャッタースピード、絞り、ISO感度、という三つのことを使って、現場の光の強さに応じて露出を決めています。
これら3つは、明るさの調整をすると共に、それぞれ写真の質に変化をもたらします。

シャッタースピード→動き(ブレる、止まる)
絞り→被写界深度(ピントの合う幅)を変える
ISO感度→粒子感(なめらか、ザラザラ)がかわる

シーンオートは、シーンに応じて絞りやシャッタースピードを最適に選んでくれる、というものになります。

露出とは別に、フォーカスの設定も、忘れずに見ておいてください。
背面十字ダイヤルで、フォーカスポイントが変えられます。ピントを来させたいところにポイントを選びます。エリアの設定で、どこまで範囲を広げてピントをひろうか、選ぶことができます。
フォーカスフルオートを選ぶと、狙った画角のなかで一番手前にあるものにピントを合わせるようになります。
お子さんの運動会や、スポーツ写真、静物写真、など、被写体によってフォーカスエリアやポイントを選ぶことをおすすめします。

たくさんのことを駆け足で説明しましたが、まずは、カメラを触って、慣れることからはじめましょう。

機能はたくさんありますが、必要なところだけを見極めて行けば良いと思います。
設定に追われてシャッターチャンスを逃さないよう、とにかく慣れてみてくださいね!
新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした! 写真展にはモノクロプリントで出しましたが、本日はカラーの写真をプリントしてみました。 ノートパソコンで見る色味と、プリントの色味は少し違いましたね。 パソコンはバックライトモニター、プリントはインク、とそもそもの色の種類が違うので、厳密には同じ色調...

本日もレッスンお疲れ様でした! コンスタントに撮影を続けられていて、嬉しいです! 背景のバリエーションも増え、ライティングもワンパターンから脱しモデルに合わせて変化させることができていましたね! ロケ撮影では、ストロボと違い光を自分でコントロールすることができないので、綺麗な場所...

本日もレッスンお疲れ様でした! 前回に引き続き、プリント作業からやりました。 プリントを並べてみて、組み写真にするもの、単体写真にするもの、を分けてみました。 最初は小さく出していた写真も、A3ノビまで伸ばしてみると迫力があり良かったですね。 何度か現像→レタッチ→プリ...

本日もレッスンお疲れ様でした! 前回に引き続き、写真展準備で、今日はプリントを出してみました。 RAW現像でモノクロ写真に加工し、マット紙、光沢紙、それぞれでだしてみました。 モノクロといえど、プリンタインクは8色全てを使ってプリントしますので、微妙に青味がかったり黄味がかっ...

本日もレッスンお疲れ様でした! ハッピーをテーマに、写真展に出すための現像とプリントをしました。 前回セレクトした写真から、二枚の組み写真にし、プリントしました。 モニタで見ている感じとプリントではだいぶ見えかたがちがいます。 組み写真として二枚を並べてA4一枚で出したとき、並...

レッスンノート ページ先頭へ