趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 光のお話、露出のお話。

光のお話、露出のお話。

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

今までオートでしか撮っていなかったとのことでしたね。
お仕事で撮ることもあるとのこと、もっとこういう写真が撮りたい、と思ったときに、カメラ操作でできることの最初のお話を、させていただきました。

オート機能とは、カメラが適正露出を決めてくれることです。
露出とは、シャッタースピード、絞り、ISO感度から成る、写真の明るさのことです。
この3つは、明るさを調整すると共にそれぞれ特徴があって、
シャッタースピードは、動き(ブレ)が変わります。
絞りは、被写界深度(ピントが合う深さ)を変えます。
感度は、粒子感がかわります。
これらの特徴を考慮しつつ、露出を決めていくわけです。

インテリジェンスオートでも、難しい数値ではなく、動きやボケと言う言葉で、設定を変えられるところがありましたね。
まずはそこから、試してみても良いでしょう。
その際、①明るさ②ボケから試していきましょう。
撮るときに、どんな写真にしたいかをイメージし、そのイメージに近づくように設定していって下さい。

慣れてきたら、絞り優先モードにして、絞り値と露出補正を決めるやり方をやってみましょう!
そして、シャッターや絞り感度の数字に慣れていきましょう。

カメラ機能以外に、写真にとって重要なことは、光です。
キレイな光の条件で撮ると、写真もおのずとキレイになります。
太陽の光(自然光)がいちばんキレイと言われていますが、室内でも、ドラマチックにライトが当たっているところを探したり、キレイに見えるところを探して撮ることで、いい雰囲気に撮ることができると思います。
カメラ設定が上手くいっていなくても、光がキレイなら写真は素敵になります!
今日から、ぜひ、キレイな光探しをはじめてみてくださいね(*^_^*)
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta