趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 写真におけるデジタル処理とは

写真におけるデジタル処理とは

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。無事帰国されましたね。
今日から本格レッスンを開始しますが、その前に海外旅行でお撮りになった写真を沢山拝見しました。写り方に多少のご不満があるようでしたが、それだけ明確に写真の感性をお持ちだということですよ(笑)
上手に撮ったねー・・という写真も結構ありましたので、少し理屈を覚えると見違えるような写真が撮れます。
今日のレッスン内容を軽ーくおさらいしておきましょう。

Ⅰ.デジタル処理について・・・・・
あらゆる分野でデジタル化が進んでいて、とりわけ写真界は、フィルムに光を当てて撮影するアナログ方式のカメラから、デジタルカメラへと大転換しましたね。
デジタル処理とはどういうことなのか簡単にお話をしました。すべての現象を数値に置き換えて記録しておいて、その数値を読み出すことによってその現象を再現するという、理屈としては簡単なことですが技術的には凄いことをしてるんですね!
また、イメージセンサーには縦横に整然と、画素の数だけの素子が埋め込んであるんですが、これもまた凄い技術です(お使いのカメラでは縦に4000個・横に6000個で2400万画素!・・・笑)こんなことが当たり前のような時代なんです!
数字に置き換えて保存しておくことによって、経年劣化やクオリティーを落とさずにコピー出来たりレタッチしたり・・・と、いいこと尽くめかも知れませんね。

Ⅱ.ホワイトバランスについて・・・・・
私たちが撮影しようとする被写体は何らかの光で照らされている訳ですが、その光源の種類によって色の偏り(色カブリといいます)があり、K値が低ければ赤っぽく、高ければ青っぽく写ります。その色カブリを正しい色に補正することを「ホワイトバランス」といいます。白を白に撮影する・・・と考えたらいいですね。
光の三原色(RGB)についてのお話もしましたが、要は白い物体が白に撮れていれば他の色も正しく撮れているハズなんです(笑)

今日は概論としてのお話をしましたが、次回からは写真の三要素「露出・ピント・構図」などの理屈論を判り易くご説明しましょうね。
このレッスンノートを書いたコーチ

これまで7回個展を開催。ちょっとした上達のコツであなたを名カメラマンに

カメラで楽しむ「はんなり」写真塾
前田昭男 (カメラ)

梅田/大阪・天王寺・京橋・天満・難波・近鉄日本橋・大阪上本町・北浜・淀屋橋・豊中・天...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta