趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 露出について

露出について

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

露出は写真を撮る際や写真の明るさを表すものです。この露出を決める要素が、S速度、絞り、そしてISO(感度)になります。S速度は光が入る時間 絞りは光の量、ISOは光を吸収する度合です。この光が多く明るすぎる写真を『露出オーバー』光量が少なく暗い写真を『露出アンダー』と言います。そしてちょうど良い明るさを『適正露出』と言います。ただ適正露出というのはカメラの判断であって、必ずしも撮影者の意図と違う場合があります。こんな時はS速度、絞り、ISOを変化させる事で微調整が可能になります。それぞれの役割ですが、S速度は動きを止めたり動かしたり、被写体の動きを表現できます。絞りは被写界深度(ピントの合う範囲)をコントロールし描写を変化させる事ができます。ISOは写真の明るさそのものを調整します。暗い室内や夜間など光量が少なく手持ちの撮影が厳しい時に活用しましょう。ただ、感度を上げるほど画質は低下してゆきますので、ご自身での許容範囲を決めておくと良いでしょう。また最終的にどのような媒体で、どのくらいの大きさで閲覧されるものなのかを考慮しISOを決めると良いと思います。
このレッスンノートを書いたコーチ

出版社出身。人物、夜景、モータースポーツ写真まで幅広く相談OK

楽しい!優しい! ひかり写真講座
菅野光博 (カメラ)

立川・八王子・国分寺・国立・府中・聖蹟桜ヶ丘・高幡不動・北野・京王八王子

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta