趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れ様でした。カフェは意外に混んでましたね!

最近一眼レフを購入され、人物や風景などを思うが侭に撮りたい・・とのご希望でした。
お撮りになった写真を拝見しましたが、思うところにピントが来ていなかったり多少の手振れがあったりで少しご不満のようでしたね。これはフルオートで撮影すると起こりがちなんです。カメラは写真を撮る為の道具ですから、理屈を勉強(練習?)するとチャンと思い通りに動いてくれます(笑)

カメラを見せて頂いて「メニュー項目」の設定を見直しましたが、多機能なカメラですから項目も多く、全部を確認するのは無理なので最低限セットしておかねばならない項目のみを確認し、ご説明しながら再セットしておきましので俄然使い易くなっていると思います。

アートアクアリウムを撮りたいとのことでしたので、チョイと書いておきますね。
①会場はかなり暗いですからISO感度を1600にセットします。
②AVモードで絞り(F値)を5.6にします。
③水槽の中は照明されて赤青緑と色が変わりますが、比較的明るいですから「露出補正値を-2/3~-1」にしてみて下さい。
④その状態でシャッター速度が1/30以上が切れないようでしたら、ISO感度を3200に上げましょう。
⑤混雑で人の頭などが入る場合は首でチョン切れないように・・・。
これくらいを気にしておいたら綺麗に撮れると思います。ご健闘を祈ります(笑)
このレッスンノートを書いたコーチ

これまで7回個展を開催。ちょっとした上達のコツであなたを名カメラマンに

カメラで楽しむ「はんなり」写真塾
前田昭男 (カメラ)

梅田/大阪・天王寺・京橋・天満・難波・近鉄日本橋・大阪上本町・北浜・淀屋橋・豊中・天...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta