サイタ趣味の習い事カメラ教室 大阪 カメラで楽しむ「はんなり」写真塾 レッスンノート 今日から撮影です

今日から撮影です

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

レッスンお疲れ様でした。暑い日でしたが風があったので外での撮影も比較的楽でした。

今回からはご一緒に撮影を楽しみます。初めての撮影実習ですので、座学でお話したことを整理する意味で数項目ほど実験的な写真を撮りました。

1.背景ボケや前景ボケ・・・・・
レンズの焦点距離や絞り値それに被写体までの距離によって被写界深度は微妙に変わります。特に花や人物の撮影には効果的です。沢山撮って体感してください。

2.レンズ焦点距離による描写の違い・・・・・
55ミリと18ミリで、同じ物体を同じ大きさに写るように撮ってみました。両者を比較すると背景との距離感が全く違いましたね。お使いの一眼レフでは35ミリ前後を標準として、それより大きな焦点距離を望遠といい、小さな焦点距離を広角といいますが、望遠では背景との距離感が圧縮され、広角ではつきはなす様な描写でした。これも写真ならではの効果です。

3.回折現象・・・・・
絞り値F22で撮った写真と同5.6で撮った写真のそれぞれ中心部分を拡大して比較しました。後者のカリっとした描写と解像度に比べて、前者は何となくシャープ感に欠けていました。これは回折現象といって、絞りの口径があまりにも小さいと、ある種の歪によって解像度が悪くなるからで、綺麗でシャープな写真を撮るにはあまり絞らないのもコツの一つです。絞ると被写界深度が深くなるのでシャープに写る・・と勘違いするんです(笑)

4.動体の撮影・・・・・
人口の滝らしきもの(笑)を、シャッタースピード優先で高速低速と撮り分けてみました。シャッターが開いている間に流れる水の表情が違いますね。
また、地下街のショーウインドウの前を歩く人物を1/4秒や1/2秒で撮ってみましたが、いい感じのブレ方だったでしょ!相手のスピードによってシャッタースピードを変えると面白いです。

チョッと盛沢山の内容でしたが、レッスンで勉強したことがそのまま撮れると愉しいですね。
このレッスンノートを書いたコーチ

これまで7回個展を開催。ちょっとした上達のコツであなたを名カメラマンに

新着レッスンノート

体験レッスンお疲れ様でした! 来月初めにオーロラの撮影に行かれる・・とのことで、今日は撮影のコツなどをお話しました。オーロラは空の開けた場所で撮影しますので、少し強い風が吹くと氷点下30度や40度は軽く超えます!人もさることながら機材も防寒が大切です。気温が下がるとバッテリーの性能もかなり落...

レッスンお疲れ様でした!すこし涼しいと体も楽ですね。 今日は、前回のレッスンで欧州旅行の写真の中から、第一次選択として310コマを選びましたので、少し選択のバーを高くして第二次選択をやりました。そのままで充分に良い写真58コマ、レタッチをすれば良い写真になるもの27コマを選別し、併せてレ...

レッスンお疲れでした!雨上がりで湿度が高く蒸し暑い日でした。 今回の撮影は「新世界・通天閣・ジャンジャン横丁」をスナップしました。この街は大阪の原点かもしれませんね!戦後からずっと続いている商店や射的場、それに今では死語になりつつある角打ち(立ち飲み屋さん)など、昭和育ちの我々には昔を思...

レッスンお疲れ様でした! レッスン後半で喉がゲホゲホになってご迷惑をお掛けしました(謝) 今回から数回に分けてカメラや写真の理屈理論を解説していきます。判りやすくお話しますが、疑問点や聞いておきたいことがあれば遠慮なく仰って下さいね。 早速、今日のおさらいです。 Ⅰ.デジタル処理に...

レッスンお疲れでした!小雨の間に帰宅出来ました(笑) 今日はピントとボケのコントロールについて解説しました。おさらいしておきますね。 Ⅰ.ピントは面で合う・・・・・ ある物体にピントを合わせると、ピントが合っているのはその物体だけだと勘違いしがちですが、実はその物体を含む面(レンズ光...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta