趣味の習い事カメラ教室レッスンノート ホワイトバランス、レンズのお話

ホワイトバランス、レンズのお話

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日もレッスンお疲れ様でした!

前回のおさらいで、Aモードのやり方、ISO感度の変え方、明るさの変え方、などを確認しました。
また、撮った写真を見せていただき、暗くなったりした原因を検証しました。
明るさが変わってしまった場合、必ず原因がありますので、どこがどうなって暗くなった(明るくなった)かがわかっていれば、次は失敗がなくなります。
オートで撮っていても、できるだけシャッターや絞り、感度などの設定がいくつになっているか、確認するようにしていきましょう。

ホワイトバランスについて。
光には色温度があり、それによって色が決まっています。ホワイトバランスとは、白が白に写るために、その場の光の色を設定することです。
色温度は、低いと赤く、高いと青く写ります。
これを利用して、意図的に青い写真や赤い写真にすることもできます。

レンズについて。
広角と望遠では、同じ絞り値でも、背景のボケ具合が変わってきます。
それにより、メインとなる被写体の見え方がかわりますので、効果的に見えるよう、ズームしてみるといいと思います。

今日までざっと機能的なところを説明してきましたが、次は実際に撮りながら、カメラ操作に慣れていきましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta