サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 楽しい!優しい! ひかり写真講座 レッスンノート テーマに沿った作品作りについて

テーマに沿った作品作りについて

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

今回のテーマは「○○線沿線の風景」というものですね。いわいる鉄道沿線の風景写真です。鉄道路線ですから非常に広域でもありどこをどう切り取るかも迷ってしまいます。
また、鉄道沿線ということで、車両や線路、駅などを入れた方が良いのか、あるいはこれらを入れずに収めるかとても悩ましいところです。そこで考え方として対象の景色をいくつかのテーマで分類し、更にそれを細分化していくと的が絞れてくると思います。例えば、最初に鉄道、自然、街、人、テーマパーク、公園、などと大まかに分類します。そして次にテーマパークにしたとします。するとこの沿線にはいくつかのテーマパークがありますよね。遊園地や動物園、最近では有名になった山もあります。これらの中から一つを決め、さらにそこのど部分を切り取るかを考えましょう。どこのテーマパークや景勝地もそうですが、お決まりの定番構図があります。無論これでも良いのですが闇雲に撮っても芸がありません。ここはご自身の感性を働かせ、見た人に「ここどこだろう?」と思わせるようなひねりを加えるのも面白おいと思います。あとは写真でしか表現できないような技術で撮るのも見る人を楽しませるでしょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

出版社出身。人物、夜景、モータースポーツ写真まで幅広く相談OK

新着レッスンノート

よく、新たなカメラを買われる際に『メーカーはどこが良いですか?』という質問を受けますが…。或いは一眼がいいのか? ミラーレスが良いのか? 一概にキャノンが良い、ニコンが良いと言えないのが正直なところです。例えば自動車メーカーですが、トヨタが良いか日産が良いのかという事と同じで、それぞれエント...

露出の関係性については前回もお話致しましたが、もう一度おさらいしてみましょう。写真は一定の量の光を取り込むことで撮ることができます。この光の量が少ないと暗い写真、多すぎると明るすぎる写真になってしまいます。光の量がちょうど良い状態を適正露出と言います。この光の量を決める3要素が、絞り、S速度、...

レッスンお疲れ様でした。昨日もお話が多岐にわたりましたがシャッター速度について。シャッター速度を決める際のひとつの目安として、1/焦点距離 以上の速度というのが目安なのですが、これはあくまでも目安ということです。手持ちで撮る際には、意図的なものが無い限り早め目の速度で切る方が写真全体としてはシ...

撮影距離と焦点距離、露出の関係性についてはご理解いただけましたか? 写真は一定の光が無いと撮れませんが、これが多すぎても少なすぎても良い写真にはなりません。そしてこの光の入れ方と量を調整するのが、シャッター、絞り、感度(ISO)です。カメラは精密機械ではありますがその原理は至ってシンプルです...

レッスンお疲れ様でした。思いの外内容が濃い話になりましたね。来週引き続きレッスン行いましょう。その時に一緒に!

レッスンノート ページ先頭へ