サイタ趣味の習い事カメラ教室 東京 シャッターを押したくなるカメラ講座 レッスンノート フィルムカメラの仕組み、プリントまで

フィルムカメラの仕組み、プリントまで

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

F3をお持ちとのこと、デジタルと違って押せば撮れるわけではないので、難しいですよね!
まずは、フィルムで撮るとは、どういうことか、また、カメラの仕組みなど、基本のところから、お話させていただきました。

入れるフィルムが、ネガの場合。
プリントする段階で、色や明るさを調整することが出来ます。撮る時には、少し明るめに撮り、濃いネガを作ると、プリントしやすいネガが出来上がります。

撮る時には、絞り、シャッタースピード、を組み合わせて、明るさを調整します。
絞り→被写界深度(ボケ感)が変わる。
シャッタースピード→動き(ブレ)が変わる。
ファインダー内上部に、絞り値、シャッタースピードが表示され、+−でカメラ内露出計が表示されます。
まずは、このプラスマイナスが同時に表示されるように、絞り値シャッタースピードを合わせて撮りましょう。
シャッタースピードをAに合わせて撮る場合、±ダイヤルで、明るさを変えることができます。

実際にファインダーを覗いてもらい、中の表示がどう変わるか、絞りやシャッターを変えるとどうなるか、一緒に見ていきましたね。
ネガフィルムの場合、撮って現像してプリントするまで、どう撮れていたか、わかりません。
撮る時に、絞りやシャッターがどんな値か、なんとなく覚えておいて、プリントがあがってきたら、それがどう写ってきたか、確認をしましょう。
新着レッスンノート

本日もレッスンお疲れ様でした! 写真展にはモノクロプリントで出しましたが、本日はカラーの写真をプリントしてみました。 ノートパソコンで見る色味と、プリントの色味は少し違いましたね。 パソコンはバックライトモニター、プリントはインク、とそもそもの色の種類が違うので、厳密には同じ色調...

本日もレッスンお疲れ様でした! コンスタントに撮影を続けられていて、嬉しいです! 背景のバリエーションも増え、ライティングもワンパターンから脱しモデルに合わせて変化させることができていましたね! ロケ撮影では、ストロボと違い光を自分でコントロールすることができないので、綺麗な場所...

本日もレッスンお疲れ様でした! 前回に引き続き、プリント作業からやりました。 プリントを並べてみて、組み写真にするもの、単体写真にするもの、を分けてみました。 最初は小さく出していた写真も、A3ノビまで伸ばしてみると迫力があり良かったですね。 何度か現像→レタッチ→プリ...

本日もレッスンお疲れ様でした! 前回に引き続き、写真展準備で、今日はプリントを出してみました。 RAW現像でモノクロ写真に加工し、マット紙、光沢紙、それぞれでだしてみました。 モノクロといえど、プリンタインクは8色全てを使ってプリントしますので、微妙に青味がかったり黄味がかっ...

本日もレッスンお疲れ様でした! ハッピーをテーマに、写真展に出すための現像とプリントをしました。 前回セレクトした写真から、二枚の組み写真にし、プリントしました。 モニタで見ている感じとプリントではだいぶ見えかたがちがいます。 組み写真として二枚を並べてA4一枚で出したとき、並...

レッスンノート ページ先頭へ