趣味の習い事カメラ教室レッスンノート フィルムカメラの仕組み、プリントまで

フィルムカメラの仕組み、プリントまで

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でした!

F3をお持ちとのこと、デジタルと違って押せば撮れるわけではないので、難しいですよね!
まずは、フィルムで撮るとは、どういうことか、また、カメラの仕組みなど、基本のところから、お話させていただきました。

入れるフィルムが、ネガの場合。
プリントする段階で、色や明るさを調整することが出来ます。撮る時には、少し明るめに撮り、濃いネガを作ると、プリントしやすいネガが出来上がります。

撮る時には、絞り、シャッタースピード、を組み合わせて、明るさを調整します。
絞り→被写界深度(ボケ感)が変わる。
シャッタースピード→動き(ブレ)が変わる。
ファインダー内上部に、絞り値、シャッタースピードが表示され、+−でカメラ内露出計が表示されます。
まずは、このプラスマイナスが同時に表示されるように、絞り値シャッタースピードを合わせて撮りましょう。
シャッタースピードをAに合わせて撮る場合、±ダイヤルで、明るさを変えることができます。

実際にファインダーを覗いてもらい、中の表示がどう変わるか、絞りやシャッターを変えるとどうなるか、一緒に見ていきましたね。
ネガフィルムの場合、撮って現像してプリントするまで、どう撮れていたか、わかりません。
撮る時に、絞りやシャッターがどんな値か、なんとなく覚えておいて、プリントがあがってきたら、それがどう写ってきたか、確認をしましょう。
このレッスンノートを書いたコーチ

多摩美大を卒業後、雑誌やwebで活躍!静物写真が得意なフリーカメラマン

シャッターを押したくなるカメラ講座
奥陽子 (カメラ)

新橋・品川・川崎・五反田・目黒・浅草・祐天寺・中延・大崎広小路・戸越銀座・泉岳寺・銀...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta