趣味の習い事カメラ教室レッスンノート 体験レッスン

体験レッスン

カメラ教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンお疲れさまでした。
いかがでしたか。

料理写真を今後、綺麗に撮影したいとのことで
料理写真の基本的撮影法について主にお話ししました。

1)露出について

 絞り、シャッタースピード、ISO感度の露出の
 3要素についてお話ししました。
 
2)ボケの強さは絞りによって主に決まります。
  他にいくつかの条件がありますが。
  絞りが大きくなると、ボケが強くなり、絞りが小さく
  なると、ピントの合って見える範囲が広くなります。

3)料理写真もそうですが、立体感、奥行きのある写真を
  撮るには、逆光、反逆光、サイド光がベストです。

4)コンパクトデジカメをお持ちですが、イメージセンサーが
  小さいため、イメージセンサーが一般的に大きい一眼レフが
   ボケ方は大きくなる傾向です。
  よって、レンズ交換もできる、一眼レフが有利になります。

5)料理写真は、料理を対角線方向に置くのが動きが出ていいでしょう。
  また、料理全体のほかに一部を切り取るカットも撮影してみてください。
  アングルは、上から撮るほかに、料理の高さで、メインの部分を
  切り取ると、メインの料理がわかり易い写真ができます。

  
このレッスンノートを書いたコーチ

カメラメーカー出身!フィルム~デジタル写真まで、基礎からやさしく指導

ヨコヤマ写真スクール
横山明 (カメラ)

高槻・茨木・千里丘・岸辺・吹田・新大阪・梅田/大阪・塚本・尼崎(JR)・立花・甲子園...

レッスンノート ページ先頭へ

カメラ情報

サイタのカメラ講師がブログを通して、カメラ情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

カメラの先生

@CameraCyta